FC2ブログ

Entries

冬です

暦の上の立冬が過ぎて、即冬がやって来た。
「北風小僧」を連れて。
なんと冷たい風だろう。
起床前の寝床で木枯らしを聞いていた。
「誰が風を見たでしょう?」
見ることは出来ないが、音を聞く。
いやだなあ・・と思いつつ、午前10時に小学校へ向かう。
小学校花壇にあった、咲き終わった花を全部抜く。
次は春花壇の準備だ。
16年生まれ4人と、PTAのお母さんがひとり。
授業の休憩の時に、数人の小学生が手伝いに来た。
「なんだ、お前。土が入ったぞ。パンツの中に・・」2人の男の子が騒いでいる。
一株抜いて、大騒ぎになった。
彼等は体操服を着ていて、パンツはショートパンツだった。
「別に悪気があってやったんじゃあないんだから、許してね」
パンツに土が入ったのなら、パンツ脱いで土を払えば・・」そう言いたかったが
辛うじて流した。
10分の授業休憩が終わって、小学生は教室へ戻った。
残った5人は冗談を言ったり、疲れて来ると黙々と動いた。
北風が冷たいはすなのに・・感じない。
完全武装して、カイロをつけていたのだ。
「そろそろ1時間になるのでは?」
1時間の労働が労働の限度の私。
ところが、始めてから2時間近く経っていた。
校長先生が「あがってお茶をどうぞ」と、「自然の教室」へ招き入れた。
冬日が射しこむあたりに椅子と机を並べていた。
窓を開けると風が強いので、教室の中の物が倒れる。
「早く、早く!!」急いで長靴(作業靴)を脱いで、床にあがる。
校長先生が準備して下さった「スィーツ」が沢山hino5.jpg
あった。
先生の手で入れたお茶をよばれながら、花壇の反省、次の花壇の構想を練った。
余ったスィーツを「ご主人さんに・・」と、頂いた。
「主人は甘党で、喜びますわ、ありがとうございます」
かくして、帰宅したら正午過ぎていた。
午後は風もあって、今日はもう外の作業は出来なかった。

「花壇の作業 たのしい ありがとう」

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2865-228f503c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード