FC2ブログ

Entries

雨の日曜日

朝から雨。
起床前にはかなり降っていた。
今日も洗濯はお休みにしようと思った。
しかし毎日ほぼ同じ時刻に起きている。
やる事なす事、ほぼ毎日同じ時間だ。
(日曜日くらい、おやすみにすればいいのに)といつも思う。
休息日も必要なのだ。
まあいいか、昨日はバタついて防災訓練に参加したのだから。
少し時間にゆとりを持つ。
そのゆとりの時間は私にとって至福のひとときだ。
新聞を開いてうたた寝の気持ちのいいこと!
見たいテレビ番組もないし、ラジオは起床時から点けっぱなし。
ひとり喋っている。
買い物の時間まで点けっぱなしだ。
何もしない日が続くと、何の変哲もない。
姉に絵手紙を描く「もう秋の彼岸ですねえ。一日があっという間に過ぎて行きます」
歩いて駅前のポストに投函する。
携帯メールの時代になって、ポストに手紙を入れている人を見なくなった。
大粒の雨が時々落ちる。
自転車で走る友達に言った。
「急いで帰らないと、この雨は止まないよ!」
後ろから見ていたら、お尻がくりくり忙しく動いていた。可愛いお尻だ。
スーパーでナマサンマが一匹100円で売っていたので買った。
年金生活で、後期高齢者の台所は知れたものだ。
いつも自転車で走っているおじさん、いくつなのだろう?
東屋のテーブルにポテトチップがひと箱置いてあった。
いつもその場所が彼の居場所なのか、ホームレスなのかはわからない。
いつも野球帽を冠っている。
そんな彼を横目で見ながら、帰りの足を速める。
午後は昼寝の時間だが、昨夜ねむれなかったのに眠くならない。
テレビ欄を見たら、面白そうなのがあったのでそれを見ていた。
推理もので舞台は長野だった。
あと少しで見終わるという時にチャイムが鳴って、ラッキーがけたたましく吠える。
外に出てみたら、この地区の民生委員さんが立っていた。
「おめでとうございます」と、市からの祝いの薬商品券を手渡された。
それから「ちょっとお尋ねしたいことがありますので・・」と、軒先へ移動した。
小雨が降っているのに、私は気づかなかったアホ!
「すみません、軒先で。犬が居るものですから・・」
調書は家族構成や息子の住いについてだった。
最後の欄は自筆でサインした。
本来なら全部を自筆で書くんだったのだろう。
そしてパンフレットを手渡された。
「みんなのまちの認知症ガイドブック」なるものだった。
読み進んでいくうちに暗くなった。
やだなあ、いずれ行く道なのかなあ?
「認知症は病気の症状を指す言葉です」
チェックリストの何項目も当てはまる。
「長生きはしたくないのですが、いずれお世話になる事になるやも知れず・・
よろしくお願いします」
市からのお祝いを手渡しで渡すのは今年限りで、来年からは郵送になりますとの事。
やる気があるのか?ないのか?が、認知症への分かれ道だと言う人が居る。
「めんどくさい」が多くなった。

「まだ降っている den5.jpg
16号台風の雨 ありがとう」
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2815-f15027b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード