FC2ブログ

Entries

ボケた?

この暑さだもん。
この歳だもん。
ボケても仕方ない。
自分の事も心配だが、近い人の噂も心配だ。
「どーもうちの女房ボケが来たらしい。
ちょっとおかしいのだ」
そんな噂を聞き流した。
しかし気になる。
他人事ではない、ごく近い人だ。
私が目標としている人だ。
後期高齢になっても、あれこれと活躍している。
そんな・・否定はしていたが、やっぱり気になる。
そこで絵手紙を出してみた。
今までの彼女なら、10日も間を置かないうちに返信が来た。
しかし今回は来ない。
きっと忙しいのだろう。
そして2か月後にもう一枚だした絵手紙。
やっぱり返信が来ない。
忘れているのだ。
そう思っていた。
さいわいは忘れた頃にやって来る。
昼寝をしている頭元に「絵手紙」は届いた。
達筆で暑中見舞い、絵もねばねば効果で最近人気の高いオクラ。
なあんだ、やっぱり大丈夫だったんだと、胸をなで下ろす。
文面によると「ピーマンの返事を出していないだろう?」と家族から言われたらしい。
私も今年後期高齢者の仲間に入ります、よろしく。 よっこ
とにかくみんなの合言葉は「元気でいましょうね」が多い。

足がだるいので、歩いて買い物に行った。
スーパーの店内で、涼んでいる人もいるようだ。
ラッキーとの散歩は午後4時にした。
あまりの暑さに外出するのが億劫なのだ。
「今日は土曜日だから公園経由で行ってきます」
公園の木陰でいつも子供と遊んでいるお兄さんがいる。
「犬も歩けば・・・」棒に当たる。
数人の子供達とイロハかるたをやっていた。
懐かしいなあ、かるた取ったのはいつの思い出?
公園から小学校を巡って、花壇の花をしばらく眺めていて、草を少し取った。
月曜日の早朝に支援部隊で草とりをしようという事になっている。
ひとりが旅行中なので、3人でやることになる。
私の身体は大丈夫かな?
敬老の家の前では明日の「ソーメン流し」の準備をしていた。
「明日10時からだから、絶対に来てよ!」
2度も言われて「顔だけちょっと出すからね」と、返事しといた。
地域の子供達に、遊びの愉しさを味わってもらうのだろう。
身体が悲鳴をあげながらも、なんとか喘ぎ喘ぎ生きている。

「熱帯夜 寝るより楽は yu5.jpg
なかりけり ありがとう」
大きなカボチャ、どうやって切るのだろう? げんきの郷で。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2772-2f912ea8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード