FC2ブログ

Entries

やだね!

動きたくないと身体が悲鳴を上げている。
頭もぼ~っとして思考が定まらない。
困ったことだ。
これは暑さのせいにしとこう。

今朝からせっせと鳴きはじめたクマゼミ。
夏休みも早朝もない。
彼等は必死に鳴いている。
私は必死に現状を維持しようと努めている。
同じ命を生きている。

秋が来ないうちにと、少しずつ、暑中見舞いを描いている。
年賀状のように「今年限りで、暑中見舞いをおしまいにします」と、いうわけにはいかないか?
jまあ暇があって、消夏法としてやるのはいいでしょう。
それにしても漢字が出て来ない。
字引を引っ張り出して、確かめる。
何という字を探したのかも忘れたが、これも暑さのせいにしとこう。
赤いポストに投函して、音を確かめる。
ついでに郵便局に入って「記念切手を下さい」
いつまで出来るだろう? 切手を買い込んで。
スーパーで買い物をして帰ったらお昼だった。

ラッキーとの散歩がほぼ終わって、帰路を歩いていた。
道行く車は忙しそうに走って行く。
「プップー・プップー」窓から手を出して、小学校を指している。
(これから学校へ行くから、よかったら来い!)の合図だ。
踵をかえして、今までいた小学校へ向かった。
駐車場で、彼は待っていた。
「野菜、要らんか?」
うんともすんと言わないうちに、ビニール袋にきゅうりとズッキーニと
ミニトマトを詰め込んだ。
「毎日、こんな野菜ばかりじゃあ身がもたん」と、言いながら
収穫したばかりの野菜をくれた。
「花壇じゃあなかったの?」
「目的はもちろん花壇ですよ」
花壇へ行って、3週間前に定植した花の草取りをした。
ラッキーを手すりに縛り付けた。
「館長が点滴を打ちに行っているらしい。
もっと要領よくやればいいのに、サマーフェスティバルで疲れたんだろ。
みんな同い年だから、疲れ具合もわかる。
館長はデンと座って指図だけしておけばいいものを。
お盆前に一度、花壇全体の草取りをと思っているんだけどなあ」
彼は手際がいい。「今日の作業の目的はダリヤの刈込なんだ」
そう言いながら、花ばさみでチョキチョキやった。
「私、もう夕食の準備があるから帰るわ!」
手すりから解いて、ラッキーは私のそばに居た。
「ダリヤの花を持ってかえらない?」
そう言って、切ったダリヤを投げてよこした。
ラッキーはそんな彼の手を噛んだようだ。
噛んだというより、犬歯が当たったようだ。

夕食の時にラッキーはおもらしをした。
長い時間、短い紐で手すりに縛り付けられた腹いせだろう。
昨日も今日も機嫌が悪い。おもらし・・やられた。
まるで我が家は、アンモニアの悪臭から逃れられない。
ズッキーニは素のまま食べるといいと言うのでそうしたが・・・変な食感だった。
でも、ありがとう。

「夕方になって 活躍した ありがとう」kumo5.jpg

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2764-1179fd09
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード