FC2ブログ

Entries

午前・午後

ゆっくり腰を下ろす暇がなかった。
午前と午後の予定を無事にこなせるかな?と心配だった。
この蒸し暑さ続きの日々に、今日は朝から不思議なほどの冷気。
身体がついていけない。
それでも昨日「喝」を入れてもらったお蔭で、それがまだ残っていた。
(やり遂げよう!)
雨が降り出しそうな空の下、自転車で走る。
市民館はオープンしたばかりの時間だ。
今日は「女性のつどい」があった。
別に責任者という重い役はないが、早く行って準備しておくと気持ちいい。
みんなから「ありがとう」が返ってきた。
暑さで体調を崩した人も居て、今日の参加者は9人だった。
社協から「先生」の来ない日で・・一応ラジオ体操から始めた。
歌を歌いましょうの段階になった。
昨日からちょっと選曲を考えていた。
永六輔の「上を向いて歩こう」か、海の日が近いので「海」にしようかと迷った。
そして「上を向いて歩こう」になった。
ホワイトボードに歌詞を書いた。
ところがオカリナ担当の彼女も、その歌を考えていたという。
「わたし、浜辺の歌にするわ」と、あっさり諦めてくれた。
「ひとりぽっちの夜~」は何度繰り返すのかしら?
そんな質問も出たが、何度でも次第に弱く・・でいいんじゃあない・・と答えたが。
11時半まで、笑ったり喋ったりして帰った。
午後の部が待っていた。少し、うとうとしていたら、定刻よりおそくなった。
介護施設へ行ったら「忘れているのかと思ったわ」と言われた。
「今日は午前と午後と掛け持ちだから、ちょっと疲れたわ」
「朝もハーモニカで活躍して来たのね!」
定刻に余興は始まった。
午後も「上を向いて歩こう」を吹いた。
そしてもう一曲、九ちゃんの「見上げてごらん 夜の星を」の出だしを思い出そうとした。
そして吹きはじめたら、なんとまた「上を向いて歩こう」だった。
なんと頓馬な私だろう。
「ごめんね、二度も同じ歌を吹いてしまったわ」
「だあれもそんな事、覚えていないわよ」「ほっ」
午後は半分眠っていた。
眠りながらハーモニカを吹いていた。
なんと器用な人間だろう。わたしって。図々しいのにもほどがあるぞ!
いつもは「暑い」施設内が冷房の効き過ぎで寒かった。
隣でハーモニカを吹いた彼女は、鼻水をグシュグシュ音たてている。
「寒いわねえ、冷房の送風口が私に向いている」
「風邪引かないでよ、夏風邪は大変らしいから。休養がいいわ」
そんな喝を入れながら・・帰った。
彼女は私より高齢。
そうそう、余興が終わって「お茶をどうぞ」とコーヒーを出してくれた。
それを飲みながら「今年から私、お祝いを貰えるのよ」と嬉しそうに言った。
「あら、私達はとっくの前から貰っているわよ」
4人のメンバーの中で私が一番若い。
そこで大笑いになった。
敬老の日にボランティアがふたつも入っている、との話が始まりだった。
私も今年から「お祝い」される歳になった。

「そうかあ みんな元気だ ありがとう」malu3.jpg

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2750-5d91a551
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード