FC2ブログ

Entries

若者

雨がぱらつく中、自転車で突っ走った。
少々濡れても大丈夫!
風邪が逃げていく。
駅の駐輪場まで。

名古屋へ出た。
サミットで大騒ぎだろうと、思ったが・・・あにはからんやだった。
裏道をいつも通るのだが、駅から地下鉄まで歩くのに、警察官に会わなかった。
常滑から来ている人は、凄い警察官の出動で、不気味なほどだったらしい。
テロの警戒もしない私は肝っ玉が小さい。
つれあいは「サミット」が終わるまで、出かけるな!と何度も言った。
それを素直に聞く耳はもっていないので、出かけた。
「どこで何が起ころうと、決して不思議のないお歳だからいい」と。
労働者に交じって、専業主婦が地下鉄に乗っている。
何の不思議もない。

生涯学習センターで「自己紹介」から始まって「森田の人間観」を学ぶ。
若い男性が2名の参加で、会は活況だった。
みんな悩みを抱えているが、意外と明るい。
仲間同士、腹の中の汚れを吐き出す。
話し合っているうちに、見えてくるものがある。
「ああ、そうだったのか?」
「恐怖突入してみよう!」
一歩踏み出さないと、何も変わらないどころかもっと苦しい。
そんな些細な・重大なことに気付く。
ひとりで悩んで悪循環になっている時には、なかなかわかりにくい。
「生きているから苦しいのだ」
そう「♪手のひらを太陽に」だって歌っている。
僕らはみんな生きている 生きているから苦しいんだ(かなしいんだ)
「ぼ~っと生きているより、悩みや不安を抱えている方が人間らしい」
「悩んだだけ、もっと人間らしくなれる」・・なんて強がりを言ったりして。
仏教に詳しい人も居る。
その人の話を聞いて、成程とガッテンする。
「自力本願」「他力本願」
まだ理解できかねる仏教の本質に、触れてみたい気もする。
百人百様で、みんな大切な自分で、ふたりとして同じ価値観の人は居ないだろう。

今日もいい学びをさせてもらった。

「今日の 音楽は ふるさと だった ありがとう」
庭で育ったきゅうりkyu1.jpg


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2699-2e948c59
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード