FC2ブログ

Entries

千葉

20日
「どうしても行きたい」
言い出したら、あとへ引かない。
それで金魚のふんよろしく、付いて行った。
遠い嫌だと思っていた千葉。
ネットで細かく調べ上げた道のり・時刻。
JRの駅へ行って、切符も手に入れた。
もうあとには引けない。
すっかり旅行づいたつれあい。
やる事は綿密で、早い。フットワークがいい。
終着駅で下車して、また歩くこと数キロ。
(これくらいの距離だったら、歩けるだろう)が、大間違い。
山沿いの道をてくてく歩く。
左側は緑、右側は新興住宅地。
疲れを緑から(フィトンチッド)元気を貰いながら、てくてく。
歩いても歩いても行きつけず。
「もう、電話して迎えに来てもらおうよ」
しかし頑張って頑張って、やっと見つけた息子のお家。
ピカピカのお家に一泊する。

21日。
千葉で朝を迎える。
「味噌汁だけでいいよ」と言うのに、ご馳走が並んだ。
朝から食欲がない。
これが私の弱点で、よく食べる人は元気だ。
歯が弱いのも災いしている。
緑のカーテンを見ているような緑いっぱいの景色。
いい借景だ。
「こんなところで勉強したら、よく出来るだろうなあ」
最近は「めんどくさい」「やる気がしない」のセリフが多くなった。
これも歳なら仕方なかろう。
「ここへ移住したらどうかしら?」もうそんな元気がない。
大きな大きな大団地で、まだ売地もある。
新興住宅だから、住民も若い。
歓楽街はなく、安心して住めそうだ。
午前9時過ぎに帰路に着く。
年寄りの旅行には「ゆとり」が必要だ。
そうでなくても、気が焦っているから同時に「ふたつ」の事をやろうとする。
集中力がない。
ゆったりとゆとりの時間を加味した帰りの道。
それにしても何とあんなに人が多いのだろう。
田舎者の私は人に酔ってしまいそうだった。
人にぶつからないように、歩くのも苦労だ。
私の故郷へ向かう時は、そんな事を感じたことはなかった。
初めての所だったから、余計にそう思ったのだろう。
誰にも内緒の旅だったので、今回もお土産を何ひとつ買わなかった。
名古屋について、デパートを歩いた。ここも凄い人。
疲れた足が、もう歩きたくないと悲鳴をあげている。
足の筋がつりそうだ。
「もう帰ろう!」
欲しいものは何もない。

特急電車で帰った。
お蔭で一番暑い時間帯に電車を降りた。
疲れたなあと思いながら、荷物の片付けをして自転車で夕食の買い物に走る。
パルロードで、後ろ足を台座に乗せて散歩している犬がいた。
前足2本だけで歩いている。
可愛そうだなあと、思いながら・・頑張らないとね!と、障害犬から元気を貰った。
人間ってほんの些細なことで、気持ちが上向くものだと感心した。

「2日間 元気で ありがとう」hotaru3.jpg




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2695-24aa9ac7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード