FC2ブログ

Entries

子供の声

早朝から近くにある保育園から幼児の声が聞こえる。
母親か父親が連れてきて、預けて・・お仕事に行くのだろう。
早朝保育。
そして小学生の下校時間。
新しい交通指導員さんが、勤め始めた。
57歳の男性。
5年間務めた中村さんが、紹介してくれた。
おまわりさんでもやっていたような鋭い眼をした人だ。
前歴は聞かない。
小学生の下校時間に合わせて、私も出て見た。
新旧交代で、旧の人がいろいろ教えていた。
「ここはこうした方がいいよ」とか。
通学路が変更になって、私は手持無沙汰になった。
しかし小学生の顔を見て、元気な声を聞きたい。
問題は通学路のそばにある「保育園」の出入りである。
午後4時近くになると「満車ですよ~」と、インターホンで叫ぶ。
こんな日が続く。車社会だから、新興住宅が増えているからもっと車が増えるだろう。
なんと慌ただしい日々だろう。
「のんびりと」「ゆったりと」どころではない。
新しい指導員は言っていた。
「幼児は自分で育てなければ、せめて小学生になるまでは・・」
私も同じ考えである。
「それにしてもこういう時代になったのだから・・仕方ないのよねえ」
この男性、いつまで頑張れるかなあと思いつつも骨のある人だと感じた。
雨の日も風の日も雪の日も台風の時も「警戒警報」が出ない限り
朝と午後・3時間立つことになっている。
「よっこさん、もうとっくに4時過ぎたわよ」の声に「さよなら」した。
花壇に寄って、昨日植えこんだビオラに水やりをして帰った。

明日は「ふみの日」で、これから絵手紙を5通描く予定だ。
なかなか尻に火がつかないと動かない私ゆえに、何事ものろまになった。

「晴れて暖かくて ありがとう」furi4.jpg

スポンサーサイト



2件のコメント

[C74] こんばんは。

何でもそうですが一つのことをやり続けるのはたいへんなことですね。
交通指導員、命を預かるだけにもっと大変、それに自分の都合のいい時だけとはいかないし、頭が下がります。
  • 2016-03-22
  • 投稿者 : まだらぼけえみ
  • URL
  • 編集

[C75] 今日でサヨナラ

こんばんわ。
今日は小学校の終了式でした。
交通指導員の彼女とも「さよなら」しました。
5年間のつきあいでしたが、楽しかったです。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2638-80618385
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード