FC2ブログ

Entries

冬晴れ

晴れた。
晴れていても空気は冷たい。
さあ、快晴だと洗濯機を2度回した。
ラッキーの身の回りの小物も洗う。
日々、手が荒れて来る。
かかりつけ医から処方してもらった薬は効いているのか?
やっぱりカサカサで、こわばったままだ。
まあ年の功にしておきましょう。
物干しざおが足りなくなって、工夫する。
ビニールロープもあった!
日曜日とて、休日には縁がない。
自分の思いのままになんて生きられない。
やがて来る老・病・死のことを考えると、自由奔放とはいかない。
健康的に前向きに、ストレスと仲良く・・ああ、そんな風になれない。

せめて自然と仲良くしようと、健康の森へ行った。
来週はここでマラソン大会があるので、かなり大勢のランナーが走っていた。
いのちの池を一周ウォークするのに、何度も追い抜かれた。
短パンにTシャツ姿の若者の足は、カモシカのようだ。
私も若かったら走るのになあと、ため息をついた。
所詮叶わぬ夢は見ないほういいかも?
そう言えば、一昨夜夢を見た。かなりしっかりその景色を覚えて居る。
ふるさとの実家の広い畑にひとり佇んでいた。
もう今は高速道路になってしまった畑だ。
その広い畑でよく手伝いをした。今頃なら麦踏だろうか?
(寒いなあ)と、思いながら親に言われた通りに、少し育った麦を踏んだ。
その畑でさつま芋の収穫もした。
あの広い畑が特に印象深かったのだろう。
その畑にひとり立っていた。誰も居ない。
左向こうに物置小屋がある。
一町五反の果樹園・みかん畑の一角にみかんを植えずに、穀類や野菜を作っていた。
貧しい農家はそうやって生きていたのだ。
食べられるだけでもシアワセだった。
あの畑に今も私は、ぽつんと立っているのだろう。
淋しいとか、寒いとか、そんな感覚はない。
そういう感覚にず~っと慣れて、慣れ続けて生きてきたのだろう。
不思議な夢だったが、あの風景を思い出した。
そして何日も胸の中で温めている。
早春賦やふるさとの歌が、喉の奥で往来している。
今日はラッキーとの散歩で、早春賦を歌いながら・・・歩いた。
まだ風は冷たい。

「早春賦で noki4.jpg
今日もありがとう」


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2587-0bd319e8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード