FC2ブログ

Entries

一番

今冬いちばんの寒さだった。
連日、平均気温を上回っていたが、今日は下回った。
気温も一桁になると冷える。
(こんなに北風の吹く中を自転車にしようか?歩こうか?)と、迷った。
時間短縮の出来る自転車で風に向かって走った。
今日はかかりつけ医の日だ。
エンヤトットでペダルを踏んだ。
いつもの待合室は、混んでいなかった。
診察室で、初対面の人と会話した。
部屋に入るなり、彼女が驚きの声を発した。
「まあ、なんて明るい色でしょう!」
最近は明るい色に徹しているので、彼女の眼には明るく見えたのだろう。
だいだい色のセーターに卵色のユニクロベストの出で立ちだった。
驚かれて、それから話が弾んだ。
年は同い年だった。
「今年、後期高齢者になります。
それを覚悟したつもりですが・・ちょっと落ち込みますねえ」
「私は4月生まれだから、もうすぐ後期です。
起床時にちょっとめまいがしたら、それが気になって気になって。
別に天井がくるくる回るめまいではないのですが・・」
「私は友達からいろいろ話を聞いているので、この歳ならこんなものかなあ・・と、思っています」
そんな雑談をしているうちに彼女の順番が回って来た。
先生の診察の会話が、カーテン越しに聞こえる。
「あのねえ、もうこの歳になれば誰にでもある事です」
高齢になって出て来る身体の不調を訴えている。
次は私の番だった。
「今年もよろしくお願いします」から、始まった。
「年末・お正月はいかがでしたか?」
「はい、静かなものでした。疲れなくてよかったです」
前の患者との会話を小耳にはさんでいたので、私の話は明るかった。
「なんとかやっています。出来ることは進んでやっています。
暦の予定表が予定でいっぱいです。
ただし、困っているのは連れ合いのことです」
そう言うと先生は腹を抱えて笑った。
「ただしね、ひとり暮らしの人に言われます。
何があってもふたりの方がいいわよ、と」「わっはっは!!」
先生、そんなに笑うとシワが増えますよ!
自身にも思い当たることがあるのだろうか?
帰りも寒かったが、頭を冷やすのにちょうど良かった。
(自分の思い通りにならないから、不満の種になるのだろう)

午後は陽だまりの中で編み物をした。
もう少し、もう少しと編み進んでいたら、スクールガードの時間になった。
(こんなに寒い日に無理すんな! たかがボランティアだろ?)
もうひとりの自分が囁く。
しかしやっぱり寒さの中に飛び出した。
小学低学年が「よっこさあん」と、声をかけてくれる。
明日は1年生と「昔の遊び」で遊ぶ。
1時間、ガードをしたら冷えた。
「よっこさあん、もう4時ですよ~」
交通指導員のNさんが、見るに見かねて声をかけてくれる。
ありがたい。
帰り易いのだ。
帰宅してすぐに台所に立つ。
「自分のいのちは、自分が決める」

「せっせと ありがとう」kiku1.jpg


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2575-f8371fc5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード