FC2ブログ

Entries

さとり

小学生の頃から私のそばにはとみちゃんが居た。
中学生になっても、いつも一緒だった。
校外試合のリレーのメンバーでも一緒だった。
理科教室の大きな机を囲んでの授業ではいつも隣に彼女が居た。
高校も一緒だった。
しかし同じクラスになった事はない。
しっかり者で、時々同級会の世話をしてくれている。
故郷の田舎で同級会がある時は、いつも彼女が面倒をみてくれる。
東京である時は他の人がやってくれる。
来年の同級会は京都でやることになっている。
「少し先に楽しみがあると、元気が出る」と、異口同音に言う。
同級会までは・・・の意気ごみで生きていける。
そのとみちゃんから電話があった。
「来年開催の同級会、もうホテルもバスも予約したそうよ!」
彼女の声は弾んでいる。
「来年、また会いましょうね」今年も会った。

ところが今、彼女は大きな不安を抱えている。
なにせ一度も「健康診断」を受けたことがないそうだ。
この歳になって、切った貼ったは嫌だからぼつぼつ身辺整理をしているらしい。
「まわりをきちんと片づけて、きれいに逝きたい」とのこと。
同級生としてなんと見上げたお人だろうと驚き入った。
「一生懸命に何かをやっていると、忘れている」と言う。
手先の器用な人なので、いろんな小物を作っては人にあげている。
注文されることもあるようだ。
「痛みはないので、頑張れる」とのこと。
まさに「ありのまま・あるがまま」を実践し、体感している。
そんなに強くない私は「ガン宣告」などされるとオタオタするだろう?
彼女はガンと宣告されたわけではない。
しかしその生き様は凄いというか、強い。
何か彼女のこころに寄り添いたいと思うが、何をしたらいいのか皆目見当がつかない。
そんな話を聞いて、びっくりしてオタオタしたいるだけだ。
そんなわけで「みんなに生かされている」という言葉が出るのだろう。
「あなた、悟りを開いたわね」私ははしたなくも、そんな馬鹿を言った。

まだ賀状を一枚も書いていない。
落ち着けず、手につかない。
どうせ義理(つきあい)で出す賀状が多い。
ツレが書いた猿の絵には、もう字まで書いてある。
書くのは宛先と、短い挨拶ことばだけだ。
今日、本屋さんへ家計簿を買いに行った。
眼に入った渡辺和子さんの「面倒だから、しよう」を買った。
自分の感情を認めよう・・とある。
この本を読み終えるのは来年か?
♪ 今日出来ない事は 明日しよう
明日・明日・・と言っているうちに短い人生が終わってしまうかも?

「何もしなくても 明日が来る ありがとう」
さくら草、ぼけたが、こんなに咲いたrou4.jpg

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2550-e6c870d6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード