FC2ブログ

Entries

師走マラソン

恒例になった12月のマラソン大会。
風もなく太陽が暖かいので、健森へ行った。
となりの町のマラソン大会があった。
駐車場に着いた時は、ほぼ走りが終わったようだ。
「ゴール」の横断幕が眼に飛び込んだ。
あちこちのテントの中は、着替えしたり休憩所になっていたようだ。
5キロコースをウォーキングした。
「開園から正午までご迷惑をおかけします」の看板がところどころに置いてあった。
大会に参加しなかった人も池の周りを走っていた。
学校単位・スポーツ単位・会社単位・一般・・と幅広く層が厚かった。
そうだゼッケンをつけていない人は、大会関係なしの人だった。
歩きはじめたのは、11時半くらいだった。
ので、予定の正午までのゴールは最終便だろう。
遠くで「頑張れ、頑張れ」のアナウンスが聞こえた。
多分、障碍者だったのでは?車椅子だった?
マラソンが終わって、ぜんざいや豚汁がふるまわれたようだ。
最後に抽選会があったらしい。
アナウンスでその情景を想像した。
走った人全員にご褒美の宝クジの抽選券。
それにしても「年末ジャンボ宝くじ」を買い忘れた。
夢を追っかけない人はこんなものだろう。
大勢の参加者がぞろぞろゆったり歩いていた。
走り終えた満足感で、話も弾み楽しそうだった。

5キロコースのウォークもマンネリになった。
しかし続けていると「もうすぐ、竹林寺だ」になる。
一番札所は徳島だったから、歩いて高知までは随分歩いた。
四国八十八か所は、生きて完歩は出来ないだろう。
ただ景色を見て、呼吸を整えて、自然に還れるひとときだ。
薬草園も次第に整備されて、ハーブ類が増えた。
はびこり過ぎて、全部取り除いたところもあった。
ハーブにはどんな土壌がいいのか? 試行錯誤で、増やしているようだ。
やっぱり多いのは「ラベンダー類」だ。
今日は珍しく「花壇ボランティア」の中村さんが居た。
いつもの恰好とちと違ったので、見間違えた。
パーマをかけておしゃれしていた。
「ちょっと見に来たんだけど、ここんとこ2本も抜き取られている」
「向こうの花壇は、ごっそり持って行かれて・・」
花泥棒は泥棒のうちに入らないと言うが、一生懸命に実生から彩りまで考えて
育てている人にとってはがっかりだ。
ちと気温が低かったが、アイスを食べた。
アイスを食べながら、中村さんと話をした。
「今年はマラソンに出なかったの?」
「去年の11月にこの後頭部を打ってから・・無理になったわ。
あの事件で・・」
あの事件とは、花壇に片足を乗せて前かがみで、花を植えている時、突然うしろから
引っ張って後ろ向きに倒されたそうだ。
あのトラウマからまだ回復しないのか?
「来年は出てみようかな?」彼女は明るくふるまった。

今日は日曜日。
ラッキーと、ゆっくり歩いた。

「若者から 元気貰う ありがとう」goru1.jpg




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2545-4040b301
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード