FC2ブログ

Entries

明日、冬が来る

今日も暖かい、いちにちだった。
夜になって寒くなるというので、真冬の出で立ちで出かけた。
とにかく首を温めるといいというので、足首にフットウォーマー・頭の下の首にネックウォーマー。
もうひとつと、毛糸の大きく長い首巻きをして出た。
ちょっと暑いかなとは思ったが、汗が出るほどではない。
季節的に言えば、真冬の装束でふつうなのだ。

メトロを下り立ったら、雨だった。
小雨で道行く人が傘をさしているので知った。
小雨の中を歩いたが、濡れるというほどの降りようでもなかった。

生涯学習センターの駐輪場で、変な音がする。
首を突っ込んで見たら・・おばさんが自転車の鍵が取れないと、困っていた。
「ちょっと」と、私もやってみたが、すっとは鍵がかからなかった。
ちゃんと施錠をしないと、鍵は取れないようになっている。
「私も時々こんな事がありますよ」なんて言いながら、ふっとした拍子に鍵がかかってほっとした。
おばさんはキーを持って、勇んでセンターへ行った。
私と同じ場所だ。

何をするにも時間がかかる。
時計を見ながら、要領よく会場準備をする。
机を並べて、お茶の準備。
ホワイトボードに今月の歌の歌詞を書く。
今日の予定を書く。
いつも右肩あがりの私の字がちゃんと並んでいる。
少しは字もうまくなったかな?

今日の参加者は7人。
集談会の参加者も少なくなった。
続けて来られなくなった人。
もうあきらめた人。
悩みとのつきあい方を体得した人。
私はまだまだで、石の地蔵さん。
そんな事言っていたら、お地蔵さんに悪いわ。
「楽しい事」「やりたい趣味」が見つかった人は生き生きしている。
そう言えば、私もかなりやりたい事をやっていると気づいた。
悩みや苦しみから逃げていたら、ますます追いかけられる。
そんなに沢山の荷物を抱えて、大変だね・・・と言える人が多い。
しかし荷物を替わって背負えない。
そのたくさんの荷物を背負って、大笑いした人がいる。
あれは何だったのだろう?
涙を流して笑っていた。
私も笑ったが、何を笑ったのか忘れた。
その程度の記憶力になった。

帰りは仲間の人とふたりで、名古屋駅へ向かった。
地下鉄の構内で、異様な物音がした。
その大きな怒鳴り声は、地下で反響して大きくなった。
怖くなって、もうひとりのコートにしがみついた。
警察官だろう人が土下座して「ごめんなさい、ごめんなさい」と何度も何度も謝っている。
相手はやくざっぽい人で、何か喚いていた。
何があったのかはしらない。
人の少ない時間帯でよかったが、大騒ぎになるところだった。
一緒に地下鉄に乗った男性はなんだか疲れていた。
座席に座ってすぐにうとうとしていた。
話かけようと思ったら・・・眼をつむっていた。
なんだか疲れた表情をしていたので気にかかる。
別れ際に「よいお年を・・」と言ってホームで別れた。

帰宅したらもうあたりは暗くなっていた。
冬の日暮れは早い。
寒くはなく、暖かい夜だ。
ツレが予定通り「たこやき」を作って待っていた。ありがとう。

「みんな お疲れさんro3.jpg
 ありがとう」
さくら草が一輪咲いた


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2541-83b2a0dd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード