FC2ブログ

Entries

あめアメ降れふれ

久しぶりの雨さん、こんにちわ。
寝床であなたの歌を聞いていたわ。
「土曜日に雨が降るといいのにねえ」みんなそう思っている。
ところが・・毎週土曜日、雨は降らない。
従って草取り作業、花の手入れはお休みがない。
ボランティアでやっているのだから、たまにサボればいいのに芯が真面目だから
それが出来ない。
土に触って、花に癒されたら・・元気が出るだろうと・・いつも出かける。

花柄摘みの顔を上げたら、知らない男性がそこに立っていた。
新入会員かと小躍りしたが・・。
たった10人の会員では、作業は大して捗らない。
ところがそこに立っていた男性は、市会議員のご主人だった。
クラブ会長から紹介されて、わかった。
「定年退職をして3ヶ月になります」
「それではここの会員になって下さい!」快い返事はなかった。
間もなく市会議員のA当人が久しぶりに顔を出した。
「Aさん、お手植えのレモンの木です。こんなに大きく育ちました」
A市会議員は大きな声でよくしゃべる。ひとりで喋りまくっている感じだ。
「はい、駅周辺のタバコの吸殻をなんとか排除させます」
自らが身体を動かさず、誰かの身体を動かせるような台詞にびっくりした。
「来年は市会議員の選挙があるからなあ」
コミュニティの住民の声を果たしてどこまで聞けるのか?

午後は「しあわせ村」ディサービスでボランティアをする。
土曜日のせいか客は少なく、みんな優等生ばかりで静か。
マジックをやっているのに何の反応もない。
「あ、とか・・うわぁとか・・拍手とか反応が無いとやりがいが無いわねえ」
ito6.jpg
なんだか演じている人が、無人の舞台でひとり芝居をやっているみたい」
無口・無音に慣れたが、私達のハーモニカの時は不思議にみんなが歌っていた。
暗譜している歌の時は、私は客の仕草や表情を見ている。

終わって、冷めたお茶がおいしかった。
帰りの車のフロントガラスに大粒の雨。
空に黒雲が広がっていた。
それにしてもあまり降らない。

今日はその時間に小雨が降っていたので「うさぎ」小屋へは行けなかった。
気温は太陽が出なかったので昨日よりずっと低かった。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/246-6b449c7c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード