FC2ブログ

Entries

夢を食べるというバク。
夢なんて要らないという「まれちゃん」
夢を追っかけてばかりのお父さん。
いよいよ朝ドラも明日で終わる。
ハッピーエンドになりそうでよかった。

夢があったら・・叶うのかどうか?
それは努力次第だと思う。

いちにちいちにちをただひたすらに生きている。
夢なんてあったかなあ?
願わくば終末まで元気で居たいと考えるのは、ほぼ全ての人の心情だろう。

午後、ディサービスへボランティアで行った。
「敬老祝賀会」とあった。
新興住宅地の一角にそれはあった。
こじんまりとしたふつうの家屋だ。
元気なお婆さんがひとり居た。
彼女がひとりだけ生き生きしていた。
おおきな声で歌を歌うし、お喋りもする。
他の人達もそれなりに喜んでくれたようだ。
昔一緒に同じ教室でハーモニカを習ったお爺さん。
元気にまだマジックをやっているらしい。
彼はマジックとハーモニカの両刀使いだ。
腰は曲がっているが、施設の仲間にマジックを披露しているとか?
「え~っ、97歳?」驚きの悲鳴だった。
施設に入所しているものの、頭はしっかりしているようだ。
彼の夢は、生涯現役で、それを実践しているようだ。
ただ身体が不自由なのは気の毒だ。

1時間の余興のあと、抹茶と饅頭をよばれた。
かなり遠くの施設なので、往復する時間がかかった。
「雨のドライブもいいね!」
なんて言いながら、軽四車に四人・・・帰路についた。
頭の上を真っ黒い雲がずっと道連れだった。

「仲間たち 今日も ありがとう」
今日もふたつ咲いた夕顔の花kuroo2.jpg


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2458-60e794a4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード