FC2ブログ

Entries

日暮れ

時間の流れが速い。
日暮れが早くなって、やりたい事がやれなくなった。
その分、日中に活動すればいいのに「暑い」とか何とか理由を付けて動かない。

15日は連れ合いのお小遣いの日なので、郵便局へ行く。
ついでにサプリメントの振り込みもする。
「よっこさん、こういう事を知っていますか?」
そう言って差し出されたパンフ。
「遺産相続」の相続税の優遇措置があるとの事。
「うちには相続するほどの物はありませんから・・借金くらいかな?」
もっと詳しく丁寧というか、しつこく話続けるので言った。
「大丈夫です。遺書を書くつもりですから・・」
いざ遺産相続となると、もめる事が多いらしい。

そして氏神参りに言った。
杖をついたご老人が丁寧にお参りをしていた。
神殿が終わったら、支社にも参っていた。
柏手の音が静かな境内にこだまする。
「あなたも15日にお参りしているのですか?」
「はい、1と15日にお参りしています」
「1日には神主さんが来て、神様の前で・・午前7時ですが・・」
「7時は無理です」
そこへ一組のご夫婦がお参りに来た。
杖をついたお爺さんと、女房と一緒の老人と。
しばらく顔を見合わせていたが「いやあ、お久しぶりです、先生」になった。
お互いが教職の身だったようだ。
「歳を取るとあちこちが悪くなってきて困りますわ」
「これからリハビリに行くのです」
「それでもこうして歩けるだけでもシアワセですねえ」
無関係の私はそんな会話を聞きながら、軽く頭を下げて、その場から去った。
高齢になれば、こういう会話が多くなるなあと思った。

帰宅したら11時過ぎていた。
運転手付きの買い物に行った。
先日のカイツブリはもう居なかった。
無事に一個残ったタマゴも孵化して、家族がどこかへ移動したのだろう。
池のほとりには彼岸花が、ぼつぼつ咲き始めていた。
もうすぐ秋彼岸だ。

カネタタキが澄んだ声で鳴いている。

「やり残しが多くなったが 明日にしよう ありがとう」eke1.jpg
 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2448-ae5c9e2f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード