FC2ブログ

Entries

暑い

昨日の雨で涼しくなったのに、今日は猛暑日一歩手前。
一度楽をした身体にはつらい。
こんなに暑いと、ただ息をしているだけで精いっぱいだ。
先日友達が言っていた。
「朝はつらくて身体が動かず、今日こそは終日寝ていよう・・と思うのだけど。
徐々に動いているうちに、なんとかエンジンがかかって辛さとか痛さを忘れているのよ」
「あら、私も同じだわ。今日こそ休養日と思うんだけど、やる事を次つぎとこなしていくうちに
忘れているわ」
そんなものだろう。
日々の積みかさね。
「しょうがない」の積み重ね。
理屈を言っても、愚痴をこぼしても「楽」にはなれない。
だからただ黙っているだけ。

ラッキーとの散歩で、ラッキーと会話する。
「あら、聞いてよラッキー。まだ午後3時だしこの暑いのに、つくつくボウシが鳴いてるよ。
聞えるだろ?」
せっせと「ツクツクボーシ」を繰り返す。
まだ恋人・相方が見つからないのか?
命をリレーしなければ、気が気でないよね。
「大きなトンボが眼の前を飛んでいくよ。
あのトンボは何と言っていたかなあ。昔はしっかり覚えていたのにねえ」
盆トンボはよく見かける。
シオカラトンボもよく出会う。
あの大きなトンボは?
そろそろカラスの集合時間だ。
30羽ほどのカラスが集まって、一緒に山へ帰るのだろう。
ラッキーにだって私の言葉が通じるだろう。
お互いに耳が遠くなった老夫婦よりはましだ。
若くて元気なラッキーには、大きな鳴き声も出る。
夕方の2度目の散歩で、女3人に出会った。
そうでなくても姦しい女・お喋りな人ばかりの中を通過できなかった。
立ち止まって、話を聞き相槌をうった。
「ひとつだけでいいのよ、何かが出来るといいのよ」
万能人間もいるが、ひとつだけでいい、出来て続けられたらそれでいい。
5年間施設に入所して、胃ろうで生きた人が居るそうな。
「あんな生き方なら、私は早く死んでしまいたい!」
しかしこの寿命だけは、自分では決められない。
全ておまかせの諸行無常なのだ。
「脚下照顧」「止観」・・たまに自分の中を見つめるのもいいものだろう。

「夕顔が4個 ありがとう」you5.jpg






スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2420-f3756506
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード