FC2ブログ

Entries

台風

11号が来ている。
今夜と明日の早朝に暴れるだろう。
蒸暑さ、この上なし!
じっとしていても汗がにじむ。
台風に備えて、片付けごとは出来た。
花の鉢を地面に置く。
飛んで行きそうなものには重石を乗せる。
軽いものはゴミとしてゴミ袋に入れる。
今日はきゅうりが6本もなった。
どこかへ・・と思ったが、作っている人はみんな困っている。
「お~い、きゅうり要らないかい?」
「うん、うちにも冷蔵庫にいっぱいあって・・」
今朝は友達から2度も電話があった。
「今日はバドミントンに行きましょう?」午後の用事を楯に断った。
1時間後、また電話があった。
「今ね、珍しい人が来ているのよ。出ていらっしゃいよ!」
それも一応ことわったが、またいつ会えるかも知れない人なので、自転車で走った。
バドミントンの仲間と会うのは超久しぶりだった。
「お元気だった?」
みんな優しい目で私を見る。
なんだか、決心が揺らぎそうだ。
きゅうりを袋いっぱい持参した人が居た。
どこかへ旅行した人はお土産を持ってきていた。
「ねえ、体操だけでもやりに来なさいよ」
あちこちで「止める」ことを宣言した。
「一緒にやっていきましょ!
いつかやれなくなる時が来るのだから。
その時に止めればいいのよ、私はそう決めたの・・」
そこまで言われたら、大きく揺れる小さなこころ。
お久しぶりの彼女に会った。
「いつか高尾山へ行ったら、話を聞かせてね!」と、言われていた。
「私ね、高尾山へ登ったよ」
「そう、これからは行きたいところへすぐに行くといいわ。
私ももっと山へ行きたかったけど、家庭の事情で・・」事情は聞かない。
午後の予定があるからと帰宅した。

少し、ゆったりして午後のお迎えを待った。
12時半、迎えの車に乗って、ディサービスへ行った。
今日は「夏まつり」の催しがあった。
スタッフの数は利用者さんと同じくらい居た。
安来節のSさんチームとの合流だった。
「まつりはこんなもんだ」と、いつかうちのリーダーが言った通りだった。
賑やかを通り越して、疲れた身体には騒々しかった。
早く終わればいいのに、と頑張った。
他の人はそれぞれに一生懸命演じていた。
午後3時、やっと終了。
「お疲れさん」「ありがとう」
帰宅したらドッと疲れが出た。
台風より早く帰れて・・・よかった。

「みんな ありがとう」hoo1.jpg



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2386-97f0faa1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード