FC2ブログ

Entries

押し出し

今日も暑くなりそうだ。
暑さは自然の成り行きだから、どうしようもない。
冷房の中で寝ていても一日。
敢えて、暑さの中に飛び込んで汗を流すのもいいだろう。
私は絵手紙を4通描いた。
庭にいっぱい咲いている「ほたるぶくろ」
さっさっと早い。いい加減。
差し上げる人に申し訳ないほど乱れた筆の跡。
一気に絵を描いて、宛名・ありがとうの言葉を添える。
先日の同級会で出会った人達。
わざわざ私に会いに来てくれた、東京在住の彼女。
たったの2時間のために、病むご主人を置いて・・来てくれた。
その彼女と、同室だった小学校からの同級生3人。
世話役の人が、そう取り計らってくれた。
細かい心遣いに感謝だ。
12年間も同じ学校で遊んだ。
「元気なうちに、何度でも会いましょう」が、みんなの意見だ。
「元気で居ようね!また会おうね!」
ひょっとしたらまた来年も同級会のお知らせが届くかもしれない。
私の同級生はみんな仲良しで、よく続くものだと親も感心していた。

昼前のポストに投函したから、2日後に届くだろう。
やり慣れない事をやると、時間が過ぎるのが早い!しかし楽しい。
漢字を思い出せなくて、辞書の世話になりながら・・便りを書く。
同室だったさよちゃんとはメールでつながった。
スマホとパソコンで通じた時は、バンザイだった。

暑いがスクールガードに出る。
小学生から元気を貰いたいために。そしていっぱい貰った。
駅の向こうのマンションから通学している兄・妹を送って行った。
このあたりも危険度が高い。
狭い道を車が遠慮なく突っ走る。踏切で、電車が通過するのを待つ。
線路を過ぎると、すぐに信号交差点がある。
ここは車の往来が激しい。
マンションはもうすぐ。
15階建のマンションを見上げたら、ベランダからお母さんが手を振っているのが見えた。
「ほら、お母さんが・・」彼等も大きく手を振って母親に応えた。
マンションの玄関まで送り届けて、ほっとした。
お母さんはまだ幼い子が居るので、途中までのお迎えが出来ないのだ。
保育園に通っていた時は、ベビーカーに幼児を乗せて、姉ちゃんの送り迎えをしていた。
しかしもう1年生。
1年生になったら、学年下校になる。
ひとり減り、ふたり減り・・そして最後にふたりになった。
足腰が重く痛いが、そんな事言ってられない。

涼しくなってから、菜園の伸びたきゅうりとゴーヤにネットを張った。
花に水やりをした。
風が吹くのに、蚊が血を吸う。コノヤロウ。
昨日、株分けしたレモングラスにたっぷり水を与えた。
「ゼラニュームがよく咲いていますねえ」道行く人が声をかけてくれた。
そういえば、午前中も褒められた。
向かいのご主人が「綺麗に咲いていますねえ」と、言った。
そいて慌てて「いえ、咲かせていますねえ」と、言いなおした。
「ありがとうございます」だった。
褒めてもらうと、嬉しいものだ。
今日も「めいっぱい」・・好きな事もいやな事もやった。

「いちにち いちにち ありがとう」su5.jpg





スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2337-0041c429
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード