FC2ブログ

Entries

冴えず

空もそうなら頭もそう・・・冴えない。
あるがままで居るしか仕方ない。

それでも今日は疲れた。
行って見たいと思いつつ、いつもその道を車で素通りしている。
今日こそと雨が降り出す前に行って見た。
「宙の丘」と名付けられた新しい住宅地。
すでに沢山の一戸建て住宅が建って、住まっている。
もう3年になるだろうか?
庭木の大きさで大体わかる。
そしてそれ以上に今、整地中の土地の広い事!
建築現場の事務所前には看板が立っている。
「分譲198戸」
へ~えここへそんなに建って、人口が増えるだろうなあ。
迷い道を前進しつつ友達の家にたどりついた。
友達は珍しく在宅中だった。
昨日は忙しく、午前には歯医者、午後は美容院へ行っていたと言う。
「私はね、昨日は近くのディサービスへ来ていたのよ」
美容院へ行った頭はピカピカだった。
「私は午後の用事があるから」と、家に入れと誘われたが断った。
「それではそこまで見送らせて!」
ふたりは腕を組んで歩いた。
手を繋ぐどころじゃない。
電話では話をするが、会うのは久しぶりだった。
いろんな話をしながらnant4.jpg
、目指すスーパーの近くまで送ってくれた。

午後1時、市民館に居た。
あっくんがバドミントンをしたいからと言うので、予約してあった。
早目に行って準備をする。
やがてパパとママとあっくんが来た。
ひとり息子のあっくんはわがままである。
4月から中学生になれるのかなあ?
思うようにならないと、すねる。
ひとり何もしないで、女の子が居たので声をかけた。
「友達をまっている」と言う。
それでは友達が来るまで一緒にバドミントンしましょと誘った。
ラケットを握るのは初めてと言う。
その女の子に「いち」から教えた。
何度かシャトルが打ち返されるまでになった。
「おばあさんもね、始めは何も分からなかったの。
でもねバドミントンは楽しいよ!こんなお婆ちゃんになってもやれるスポーツだしね!」
しばらく会話をして彼女はそっと言った。
「おばちゃんは火おこしに来たよね」と。
2月に小学3年生と火おこし体験を一緒にした。
3年生42名の中のひとりに彼女が居たのだ。
「おもち、おいしかったね!」「うん」
隣であっくんにやられて、くたくたに疲れたパパが居た。
婆と息子とでペアになり、一対二で対戦した。
しかし歳は争えないもので、けちょんけちょんに負けた。
さっきの女の子は隣でやっていたキッズダンスの中に友達が居たようだ。
「友達が来たので・・ありがとうございました」と去って行った。

夕方5時半に「やじろべえ」に集合してあっくん一家と会食した。
6人で賑やかな食事をした。
食事が終わって、あっくん達はスイーツの店に寄った。
そしてスイーツを買い込んで、我が家へやって来た。
またまた賑やかな数時間になった。
「もう帰れ!」爺が何度も言った。
明日は大府バドミントン大会があるとのこと。
帰ったあとの静かなこと!
ラッキーはお菓子のおこぼれをもらって、満足だった。
また太っちょ犬になる。
いつもは「帰らないで!」とワンワン吠えるラッキーだが、疲れ果てて・・見送りはしなかった。
一家が帰って静かなこと、いつも2人と一匹に慣れているので疲れた。

「何事もほどほどがいい ありがとう」
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2255-d2db0828
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード