FC2ブログ

Entries

雪が降る

こんな日は寂しい。
冷え込んだ朝はこころ凍える。
雪が降るので、窓を開けず掃除機をかける。
アダモの「雪が降る」を大声で歌う。
まるでやけくその歌い方だ。
しかし大声を出すと気持ちいい。

一服している時、バドミントン友達から電話あった。
「葬式看板のことだけど・・」
ご夫婦で散歩していたらしい。
葬儀場に看板が出ていて、どうも近くの友達のご主人らしいと言う。
その友達の家に電話して聞くことも出来ない。
市民館に関係深い人なので、市民館に電話して聞いた。
間違いなかった。
すぐに電話の主とふたりで、お悔みに行った。
去年は胃がんの手術をして、回復しているはずだった。
友達はよく喋った。
今までのいきさつを一気に、しかし詳しく語った。
「お顔を拝ませて・・」
そう言って、部屋にあがったらもうお棺の中に納まっていた。
なんと優しい美しいお顔だったろう!
しわひとつ、しみひとつなかった。
ツレと同い年である。

通夜に行った。
今日は終日雪がちらついて、寒かった。
カイロをいっぱい貼り付けて行った。
亡き人は祭壇の上で穏やかな顔をしていた。
青いTシャツを来た写真だった。
2年前に私と彼はコミュニティから顕彰された。
彼はコミュニティにずっとかかわって、見えないが大切な縁の下の力持ち的存在だった。
「よっこちゃん、寂しくなるねえ」
通夜が終わって帰り際、主事さんが赤い眼をして、私をハグした。
知った人が居なくなるということは寂しくなる。
葬儀場では「生まれ故郷のふるさとへ還る」と表現していた。

「お疲れ様でした ありがとう」umee3.jpg
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2229-139fb0d7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード