FC2ブログ

Entries

つけ

正月の暴飲・暴食のつけが来たようだ。
朝から胃腸が変だ。
そのうちに痛くなった。
しかし我慢強い私には我慢できる痛さ。
たまらなくなったら・・医者へ走る。
今日から病医院が始まった。
いざになれば、救急車。
それにしても年末・年始には救急車の出動が多かった。
近くのお婆さんも救急車に乗って行った。
介護施設か病院に入っているのだろうと、思っていたが、実は自宅介護していたようだ。
よく働いたお婆さんだ。
4人の孫を働く娘夫婦に代わって、保育園に連れていった。
腰が曲がって、接骨院へ治療に行っていた。
曲がった腰は元通りにはならないようだ。
腰が曲がって、背が低くなった。
救急車を見ながら・・・いずれ自分もああなるのだろうと思った。
マイナス思考はよくないと思いつつ。

正月三が日は忙しく、年末も忙しかった。
毎月届く発見誌もゆっくり見られない。
しかし新年号の新春川柳欄だけは見た。
実は今年も応募していた。
随分締切より早く、一番乗りだったかも?
「あった、あった。私の名前。優秀賞に入っている!」
仲間から「おめでとう」のメールあり。
(ちょっと待てよ! 私はこういう詩を作った覚えはない)
川柳は短い作文なので、一応記録を残して応募する。
その記録には書いていない。載っていない。残っていない。
(あ~、私の考えた川柳ではない。誰かの川柳に私の名前が間違って載ったのだ)
さあ、どうしたらいいの?
黙っていられなくて、ツレにあらすじを語った。
「そりゃあ大変だ。編集部にメールか電話しないと・・」
しかし発行・配送された物を回収するわけにもいかず。
来月号に訂正記事を載せることになるのだろうか?
誰かが作った川柳に私の名前がくっついて・・・本当の作者は度胆を抜いたのでは?
いろんなややこしい思考が駆け巡る。
今夜は遅いから明日、メールか電話をして事のあらましを・・と思って寝た。
日中は忙しくて、そんな大切なことを忘れ果てていた。
夜になって、再度記録メモを読み直す。
あらま、記録に残っているじゃん!
私の作に間違いない、電話しなくてよかった。
それにしても忙しいと忘れることが多くて、認知症に近づきつつあると自覚する。
川柳は6句、投稿した。
そして (これは絶対にいける) と、思っていたものが外れだったので、がっかりした。
その反動もあったのだろう。
意図しない作が選ばれて。
そんなわけで、ここ数日やきもきした。
お蔭で今日は胃がチクチク痛む。

健康の森を歩くときも時々、胃に手をやった「手当」
胃腸の上にカイロを乗せた。
胃薬は飲まない。
私には梅酒がいいと思う。
血の巡りをよくすれば、痛みは消えそうな気がする。

「暖かな一日 ありがとう」kan4.jpg

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2194-b82ca7b9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード