FC2ブログ

Entries

くりご飯

2日前の夜、兄のお宅を訪問した。
一日が終わり、ほっとして疲れた顏をしていた。
それもそのはず、その日に限ってふたりとも大活躍したらしい。
兄は孫の運動会を見に小学校へ。
姉は絵手紙協会の催しに参加して中津川へお出かけだった。
「今、帰ったばかりよ」
「同級会で松山へ行ったので…お土産を持ってきました、タルトです」
ツレは名古屋空港から飛び立つはずだった。
実は電車を降りて、空港行のバスに乗るはずだった。
その前日にお彼岸で訪問した時に、その事をちらっと言ったらしい。
出発当日、よく気の付く兄は我が家へ電話をいれた。
「もう出たか?」
「今出発したばかりです」
兄は電車の到着時間を換算して、駅へ迎えに行ってくれて、空港まで車で送ってくれた。

歳とってますます兄弟の仲がよくなっていると思う。
兄弟は6人居るツレだが、ひとつ違いの兄とは格別のようだ。
そんな事もあって、旅行から帰ってすぐにお土産を届けた。
丁度夕食時間で、少し「おあずけ」をくらったようで申しわけなかった。
姉が買って来た「くりきんとん」を勧められていただく。
おいしかった。
「ねえねえ、これ安いでしょ?一袋260円だったのよ。
地元の人達がやっている販売所で買ったの・・あげる」
遠慮しながら貰った。

さて貰ったもののどうしようかと迷った。
全部茹でて食べちゃおうか? 
それにしてもふたりでは食べきれないほどある。
10個だけ残してあとは茹でてスプーンでほじくって食べた。
10個は栗の尻に十文字の包丁を入れて・・・湯に浸しておこう。
と、2個目の栗に包丁を入れた途端、包丁が滑って指を切った。
血がほとばしり出る。
あ~あ、全部ゆでればよかったとは、あとの後悔。
そして今日の夕ご飯は栗ごはんを炊いた。
もち米と栗だけ。
いつかラジオで栗ごはんにもうひとつ何かをいれると言っていた人が居た。
こころして置こうと思ったのに、すっかり忘れていた。
そしてもうひとつのそれが、何だったのかどーしても思い出せない。
ちゃんと頭ではなく紙にメモしておけばよかった。

少し多めに炊いて、みっちゃんとこへ届けた。
みっちゃんはテスト中だが、ゆとりのある表情だった。

買い物に走っていて、歩道に座り込んだ中学生を見つけた。
割と広い歩道で、ふたりは大股を開いて話していた。
驚いて大きく目を見開いたら・・彼女たち「こんにちわ~」と、挨拶した。
「こんにちわ」と返しながら・・かわいいなあと思った。
みっちゃんと同い年くらいかなあ。

「くりごはん おいしかった ありがとう」

はなみずきの実mi1.jpg






スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2096-534ed5d6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード