FC2ブログ

Entries

午前さま

午前3時、足音がする。
私のふところに身を寄せる。
あったかいと言うより暑い感じ。
しばらく私の肌を舐めたり、自分の足を舐めたりしている。
「おい、まだ真夜中だぞ!」
ラッキー寂しいのだろう。
人肌が恋しいのだろう。
一応、私が居るのを確かめて、ハウスに戻る。
戻ってまた寝入っている。
なんとまあ、甘ったれ犬だろう。
これからはびしびし躾をしないと、こちらが参ってしまう。

買い物に行って、友達に会った。
私が「やんちゃ坊主が来て振り回されている」とこぼした。
友達の弟がまだ眼も見えない子猫を拾って来たそうだ。
食事もスプーンで流しこんで育てたらしい。
やがて弟に赤ちゃんが生まれた。
赤ちゃんの生まれる前から、家族の一員になっていた猫。
猫は自分が先だから、赤ちゃんに対して「おれが一番! おれが可愛がられるのが当然だ」
と、言わんばかりの行動をしたらしい。
激怒した弟が「お前が先にここの家族になったが、おれの一番大切なものに手を出すと
ただではすまんからな!」と言って、猫の尻尾をひっつかんで振り回したそうだ。
それ以来、赤ちゃんに対して、優しくなったそうだ。
この話を聞いて感心した。
そしてもっとラッキーに厳しくして、わがままを治そうと思っている。
「ラッキーはラッキー。この元気でやんちゃなのがいいところ」と、言うけれど。

陽が照ったり雨が降ったり・・・蒸し暑い。
熱中症情報は「危険」

「みずやり省けて ありがとう」neko3.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2060-3cba0dbc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード