FC2ブログ

Entries

涼し過ぎて

昨夜は大布団で寝た。
夜中にちょっと重くて、暑すぎたかな?
友達たちに言ったら、笑われてしまうだろう。
この季節なら肌布団一枚で充分なのに。
「あなたはまるで氷のような女ね!」
それでも明け方はそれで丁度よかった。
明け方のうとうとで夢をいっぱい見たが、全部忘れた。
いつまでも残る夢もあるが。
昨夜はかなりの雨が降った。
大地がしっかり潤った。

今朝は止んだ。
晴れるはずが雲の多いいちにちだった。
「晴れて暑くなる」はずだったが、雲がドンと空に居座っていた。
お蔭で健康の森へ参った。
暑くなるぞとの予報で散歩している人は少なかった。
今頃の散歩の愉しみは小鳥の上前をはねて「さくらんぼ」をついばむこと。
真っ黒に熟したさくらんぼの汁で手の平が赤く染まる。
甘いので、べとべとする。
トイレで流す。

カラスがあちこちにアベックで居た。
三角関係か三羽のカラスも居た。
不思議と「かーかー」鳴かなかった。
鳴いているのは、相手を探しているからだろうか?
カラスもおなかが膨らむとエサを求めないようだ。
のんびり橋の欄干で羽根を休めている。
たけのこはもう見えない。
もう竹に育った。
季節の移り変わりは早い。
5キロウォークのシメにアイスを食べた。
それほど暑くなかったので完歩出来た。
午後になったら、5キロは無理だろう?

昨日とうふ屋さんから貰った「おから」
わたしの卯の花炒りはおいしい。
あさりを買って来て、そのだし汁を使い、冷蔵庫にあるものと生姜を入れる。
最後に酢とチャイブ(ハーブの一種・エゾ葱)を混ぜて出来上がり。
豆腐一丁を買うと「おから要らない?」と言うお兄ちゃんに「いるいる」と言う私。
今夜の卯の花炒りもおいしかった。
健康の森の帰りの車窓から「卯の花」が見えた。
この花は東浦町の町の花だ。

バタついているうちに、今日も暮れた。
何も残らないが・・・これでいいのだ。

「曇っていて ありがとう」kara3.jpg


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1969-79f53720
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード