FC2ブログ

Entries

気分

気温の高低差が大きい。
日中は暑くなるのを覚悟で5キロウォークに出かけた。
道連れにラッキーを連れて行った。

歩き始めは快調だった。
爽やかな空気、景色。
いのちの池を一周して次のコースを歩く。
「ほうう、こんな催しがあるのね!」
「もうホタルの季節なんだなあ、ほたるの里のお知らせが貼ってある」
ところがところがである。
気温が次第に高くなった。
緩い登り坂。
ラッキーの呼吸が荒い。
「もう帰ろう!」
ポイント印を押して、あとの半周は省略した。
そして完歩できなかったが、アイスを食べた。

公園ではどこかの会社の新入社員の研修をやっていた。
ナップザックをしょって掛け声勇ましく走っていた。
何の訓練・鍛錬なのだろう?
どこかの園の幼稚園児が両親とゲームを楽しんでいた。
バスが3台止まっていた。

ラッキーは帰宅してしばらくはハーハーだった。
犬は夏に弱い。
朝には陽当たりのいい場所に居るのだが。

午後3時前にスクールガードに出る。
いつも慣れない1年生のあとを歩く。
いつも元気が有り余っている班長さん。
今日は「吐きそうだ!」と辛そうな表情だ。
学校へ帰るわけにもいかず「そこのサクラの陰で休もうか?」
「保育園へ行く、気分が悪くて吐きそうだ」
保育園はすぐそこにある。
裏口の扉を開けた。
そして一歩入ったところで、彼も迷っていた。
私も困ってどうしようと迷っていた。
「ねえ、もうすぐだからお家まで我慢できない?
ビニールの袋があるから、吐きそうになったら袋の中に吐けばいいわ」
そう言いながら困っていたら、交通指導員さんがやって来た。
誰かが知らせたらしい。
とにかく一歩入った保育園から出た。
横断歩道も何とか渡った。
「いいわ、彼のうちを知っているから送って行くから・・」
交通指導員さんは横断歩道で安全を見守る役目がある。

三叉路を右に曲がって、数メートル進んだところでママが来た。
大きな車で迎えに来た。
そして一緒の班の1年生の子の頭に手をやりながら「ありがとう」と、ひとりひとりにお礼を言っていた。
若いママだがしっかりしている。
私にもしっかり礼を言って、車で去った。

下級生が帰って上級生の下校まで間がある。
「花壇の終わった花を抜いてくるから・・」
そう伝えて、花壇のノースボールを全部抜いた。
あれほど、冬の寒さで根付かなかった花だが、しっかり根を下ろして
根を張って・・抜くのが大変だった。
抜き終わって、またガードに立った。
指導員さん曰く。
「つい先ほどね、さっき気分の悪かった子が弟を保育園へ迎えに来たのよママと。
けろっとして元気だったわ!」
「暑くなったので、気分悪くなったのね!仕方ないわね!」
「高齢になったらこんな気候だと、もっと気分の悪い人が多いでしょうね!」
そしてお互いに顏を見合わせた。
私と指導員の彼女とは10歳の差がある。

「花がいっぱい 中村花壇 ありがとう」en7.jpg






スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1965-26f3d6b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード