FC2ブログ

Entries

月曜日

sansan.jpg
月曜病?
なんて言ってられない。
大きなゴミ袋が2個。
早朝に集積場所に持って行く。
よくぞこんなに溜まるもんだなあと感心しながら。
生きている証拠。
朝の新鮮な空気を深呼吸する。午前5時半。
家家の郵便受けにはまだ新聞が挟まったままだ。

一段落したところで、早目に健康の森へ向かう。
少しでも早いと、空気が違う。
爽やかなのだ。
歩けば、生き物たちがそれぞれの活動を見せてくれる。
アオサギがエサを狙ってキャッチして食べていた。
残念ながらエサを咥えたシーンは写っていなかった。
ユリノキもヤマボウシも色が冴えて来た。
公園の一角で花壇ボランティアをしている中村さんに久しぶりに会った。
ひとりで広い花壇に見事にたくさんの種類の花を咲かせた。
5キロウォークでいつもそこに立ち止まって・・・眺めていた。
そして写真に撮った。
花壇の構想を図面に描いて、その通りになったとの事。
ひとりで自分のゆとりの時間に、思うように色合いとか高低差を考えながらやったとのこと。
道行く人が声を掛けてくれ、褒めてくれたとのこと。
きっと花友達も大勢出来たことだろう。
「よく頑張ったわねえ」
「みんなからの声や、花から元気を貰っているのよ」
「自宅からは自転車でここまで来るの?」
「いえいえ、走って来るのよ!」
彼女はマラソンもやっている。
ここの花壇作りも自宅の花の手入れも忙しくて、大会に出られないとか?
「さあこれからひとふろ浴びて・・帰るわ!」
そう言って彼女は公園の中にある「もりの湯」温泉へ向かった。
忙しい人はそれなりに「ゆとり」もあって、元気なのだろう。
お喋りが長かったので、帰宅したら午後1時を過ぎていた。

スーパーへ行っていたら、消防車がウーウーと走って行く。
「どこか知ら?」
「風が強いから大事にならなければいいけどねえ」
そして店内に入ったら、卓球の友達に会った。
「空家の駐車場に置いてあるものが燃えていたから、ペットボトルのお茶をかけたんだけど・・」
前置きがなかったので、何を言っているのか一瞬わからなかった。
ただ私の頭の回転が遅かったのだ。
「橋を渡ったところにある物置・・」
人が住んでいないところから何故火の気が出たのだろう?
それにしても彼女は面白可笑しく私に言ったものだ。
ペットボトルの水をかけたなんて。
誰も何もせず茫然としているところへ「婆ちゃん」が、水をかけたというのだから凄い。
咄嗟の婆ちゃんの行動に拍手だ。
そのあとに消防車が数台来たのだろう。
いつもの買い物通りを帰ったら、まだ消防車と警察の車が止まっていた。
検証していたのだろう。
そこは通行止めになっていた。
ボヤですんで良かった。

「平和で ありがとう」






スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1961-8afd6eaf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード