FC2ブログ

Entries

ひとつぶの雨

雲行きが怪しい。
予報では降ると言っていた。
「途中で降ってきたら・・帰ってくればいい」
そんな覚悟で5キロウォークに出かけた。
昨日も今日もやる事は同じ。
一日は短い、一生も短い、もっとやる事があるだろうに。
「老化防止、足腰を鍛えて寝込まないように・・」

やっぱり途中でひとつぶの雨が当たった。
帽子を被っていたので、おでこではなく、メガネが濡れた。
ひとつぶ、ふたつぶ・・。
雲行きが怪しいが、大降りにはなりそうにない。
管理棟でポイントを押したあとだったので、駐車場へ直行した。
ところが・・。
大芝生広場では、近隣の幼稚園の催しがあった。
空っぽのスクールバスが眼の前を走って行った。
バス駐車場にはまだ園のバスが止まっている。
ウイークデイでも混み合った駐車場をもっと注意すればよかった。
第二・第三駐車場もあったのに。
催しの関係者は芝生広場に近いとこに駐車するのは当たり前だ。
駐車場の奥の方に止めたうちの車をやっと探し当てた。
今日はラッキーも一緒だった。
車に乗って、ハタと困った。
雨が降り出したので、幼稚園の人達も一斉に帰りに入っていた。
まるで蜂の子を散らすように。
横断歩道を渡る人を待つ、直進する車を待つ・・なんと10分経っても、出られそうにない。
業を煮やして、私は財布を持ってげんきの郷へと歩いた。
ハガキをポストに投函して、げんき横丁でサバを買って・・連れ合いの車を待つ。
どこへ行くにも車時代になって、便利だが・・不便だ。
車が渋滞する中を前後に子供を乗せて、電動アシストで走るおっかさん。
頼もしい。

午後も降るでもなく、降らないでもなく変なお天気だった。
小学生の下校時間には、雀の涙ていどで傘で遊びながら下校する子も居た。
夜になって本格的に降り出した。
水遣りが助かった。

「寂しがりやのラッキーは 私の後ろで寝ている ありがとう」kiiro3.jpg

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1954-c012a4d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード