FC2ブログ

Entries

私の汗は珍しい。
貴重品だ。
汗を流すほどの動きの前にダウンしていた。
それは自己判断だった。
もっともスポーツで夏だけ汗が流れる。
今日は貴重な汗が流れた。
あ~、老廃物が出ていく心地よさ。

なんとなく午前が過ぎ、午後になった。
「あついですねえ」
今日の挨拶言葉だ。
しかし私は体感でなく口先だけだった。
一服して午後2時。
何もしなくても時間は流れる。
まして気がかりなことがあると心が騒いでいる。
そうなんだ。
満開の菜の花を見て、全部抜いた。
それがそのままになっている。
「きゅうりを植えました」「すいかも植えました」
私の畑はまだ何の準備も出来ていない。

大きなスコップで眠っていた土を起こす。
土は固くなっている。
あちこちからドクダミが勢いよく芽を出し伸び始めた。
これが厄介者だ。
スコップで深く掘って、根絶やししようとするが、全滅は難しい。
深く掘ってその穴に菜の花の残骸を埋める。
これがいい肥料になるといいが。
午後2時の太陽はかなり厳しかった。
額から汗が流れた。
汗も肥料になるだろうか?
土を耕してくれるという「みみず」が出て来た。
勿体ないとみみずに土を被せる。

さあそろそろ3時に近い。
汗を拭いて、みかんで喉を潤して、スクールガードに行く。
今日は一斉下校で、2~6年生が下校した。
1年生の親は交代で、慣らし運転の新入生を昼ごろ迎えに行っていた。
もうすぐ1年生も給食が始まるようだ。

たけのこが沢山あるのでシアワセ。
ワカメを買って来て「若竹煮」にした。
たけのこの味を生かすために薄味にしたが・・。

「たけのこをたくさん ありがとうございまた」fuku3.jpg
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1925-4289651f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード