FC2ブログ

Entries

心配症

快晴だった。
風は冷たかったが、ふとんを干した。
ふとんを物干し竿に「よいしょ」するのも重くなった。
久しぶりのふとん干しで、今夜もぐっすり眠れるだろう。

「寝られなくて困っているのよ」と、言う友達が居る。
入眠剤を服用しているが、効いているのかいないのか分からないと言う。
しかし元気である。
8時間眠らなければならない・・の心理が底辺にあるのだろう。
私は6時間でもぐっすり寝たら・・充分である。
「心配事でもあるの?」「ノー」

朝から大騒動だった。
「ラッキーが血便をした。お尻に血が付いているから洗って・・」
湯たんぽの湯で長い毛に付いた血を洗う。
しかしじっとしている子ではない。
大騒動だ。
そう言えば昨夜から様子が可笑しかった。
「おやすみ」と消灯してもハウスの中で騒ぐ。
暗闇の中で足音がせわしい。
パジャマのまま起き上がって見に行くと、シートがぬれている。
(風呂に入る前にちょっとだけ外へ連れ出したらよかった・・)
シートを替えても、騒ぐので寒い外へ連れ出す。後ろ足を2度あげておしっこした。
「今度こそお休みだよ」
暗くしたら・・泣く。なんとも言えない悲しい鳴き声。
しばらく背中をさすっていた。
そして「おやすみ」と消灯するとまた泣く。
ラッキーのハウスと私の寝床はすぐそこ。
仕方がないので、ハウスの入口を開け放った。
そうしたら静かに寝入った。

起床して見たら・・いつものハウスには居ない。
「どこ?どこ?」座椅子がラッキーの指定席になっている。
そこで丸くなって寝ていた。
いつもの元気がない。

そしてそのまま朝の散歩で、血便だった。
心配症のお父さんとお母さんはただおろおろしている。
(死なれたら困る)
しかし「様子を見てから、医者へ連れて行こう」に決定した。
いちにち様子を見ていたら、次第に以前のやんちゃが出て来た。
ほっとした。

心配症の人間はすぐに死を想う。
死はおそれざるをえない・・ものであるのにもかかわらず。

寒い風で、どこへも散歩に出なかった。

毛糸を買って来て、靴下カバーを編み始めた。
もう編む事もあるまいと、編み方図を捨てたのかいくら探しても無い。
昨日ボランティア仲間が、私が編んだカバーを大切にしているのを持参した。
「これってとっても暖かいので、編んでみたい。教えて!」
何足も編んだ過去を思い出しながら、「編み方」の図を作ってみたい。
そのカバーはなんと3年以上も前にプレゼントしたものだ。
大切に使ってくれているのを見て・・感謝・感激だ。
今夜は眼が疲れて、しょぼしょぼする。

「大切にしてくれて ありがとう」
ラッキーの切れた左耳もなんとか治りそうだ。um7.jpg
スポンサーサイト



2件のコメント

[C51]

ペットは可愛いし癒されます。家族の一員です。でも病気や怪我されると気の小さい私は傷口を見ることもできません。
病気や怪我が一番困りますね。
  • 2014-02-23
  • 投稿者 : まだらぼけえみ
  • URL
  • 編集

[C52]

ペットに癒されています。
忙しくて煩わしい時もありますが・・。
お蔭様で生活がキチンと出来るし、歩かざるをえないし・・。
とてもかわいい眼なんですよ!

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1875-426f5d08
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード