FC2ブログ

Entries

間違い多し

勘違い。
間違った行動。
いやあ実に多くなった。
特にあせっている時。
忙しい時。
疲れた時。
もうイヤになる。

買い物に行って帰宅して、数時間経って・・夕方になって買った商品が無い。
それに気づく。
いくら買い物袋の中を探しても、冷蔵庫の中を点検しても無いものは無い。
(たまにはまんじゅうでも・・)と仏壇用に買って来た。
夕食の準備をしていて気付いた。
仏壇にお供えした記憶がない。しかし仏壇も点検する。
そして夜になってツレが懐中電灯を持って、私が通った道をまんじゅう探しに歩いた。
ところが夜の散歩をする人が多くて、とてもまんじゅうどころではなかったらしい。
今夜は風もなく、雨予報も外れたので降っていない。
夕食後の散歩に出る人は多いようだ。
私は昼間のつもりで出かけるが、友達に会うと陽が沈む時刻になる。

今日の散歩ではぞ~っとした。
太陽が雲に覆われて出ていないので、沈んだのかどうかわからない。
午後4時半ころだろうか?
ちょっと疲れたので、近道をしようとみかん畑の中を歩いた。
みかん畑に接して柿畑がある。
地主さんは同じ人だ。
見るでもなくぼ~っと住人が居ない家に目がいっていた。
先日ここのご主人が亡くなって、数年前には奥さんも亡くなっている。
草がぼうぼうだし、庭木も繁っている。
北側にある台所が明るい。
自分の目を疑った(どうして?)
柿の落ち葉を踏みしめて近寄った。
明かりというものは暗くならないと見えない。
いままでは柿の葉が繁っていたし、私の散歩はもっと明るい時間帯だった。
とっさに考えた。
(消し忘れか?留守を隠すためにそうしているのか?誰かが不法侵入しているのか?)
一瞬は亡くなったご夫婦が帰宅して、台所で夕食の準備をしているのでは?との妄想もよぎった。
しかしこれしかないと・・迷わずに向かいの家のチャイムを鳴らした。
「ちょっと、ちょっと。不思議なことが・・」
そして彼女と一緒にその現実を見た。
「ひょっとして誰かが入っていて、火事でも起こされたら大変だよね!」
「娘さんの電話番号を知っているので、連絡をとってみるわね!」

そして夕食中にチャイムが鳴る。
「あのね、消し忘れだって!
明日はお父さんの49日なのでこちらへ来るそうだから・・。
ありがとうございますと、何度も言っていましたよ」
あ~、これで一段落。
妄想の解決はした。

「いっぱいのありがとうを ありがとう」
ロウバイが開花ro2.jpg




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1798-8e570d79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード