FC2ブログ

Entries

あたたかい

あたたかい!
風もなくて穏やか。
健康の森へ行く。

「今日は30度くらいになるそうですよ」
私のだるまのような格好を見て、ランニングスタイルの彼が言う。
真っ赤のスポーツウェアを着ていて身軽そうな定年退職者?
もう一汗流したようだ。
ランニングをしているようだ。
「冗談ですけどね!20度くらいにはなるかなあ?」
レッグウォーマー・ネックウォーマー・あるものを着込んでの
ウォークだった。
「それは着過ぎだよ」と言われても、一枚たりとも外せない。
随分歩いて・・やっと暖かくなった。
公園花壇のボランティアをしている中村さんにバッタリ会う。
雲南さくら草をプランターに植えたところだった。
水遣りをしていた。
「育ててみない?苗はいっぱいあるのよ」
雲南さくら草を育てるのは難しい。
寒暖の差・雨は駄目ときているからなまくらの私には無理だ。
「我が家にも植えてあるから、また見に来てね!」
「春になったら見に行くからね」と約束した。
5キロウォークをしたら喉が渇いた。
アイスボックスには貼り紙がしてあった。
「販売中止」・・・残念。

げんきの郷のげんき横丁で魚を買う。
「1匹 200円。2匹 380円」と表示してある。
隣に立っていた奥さんが私に言う。
「実家の隣町に漁港があってね!
意気のいいかわはぎをたっぷり食べたわ!
この魚は内臓がおいしいのよ」
そこで2匹かわはぎを買った。
お婆さん店員が、袋に入れてそれを手渡した。
私は交換に500円玉を彼女の手の平に乗せた。
間にひとり客が入って、そちらの接客もしている。
彼女はまだ立ち尽くしている私にレシートを持って来た。
(これは何?)500円とある。
「あのう、380円とありますが・・」
「そうでしたか?」そう言って、レジから持って来た20円を手渡す。
「あのう、私は500円玉一個を渡したんだけど・・」
「百円玉四つじゃあなかった?」
「いいえ、500円玉一個でした」
彼女は金庫から100円玉一個を持って来て黙って・・渡された。
そこで「ひとこと」あったら客として納得いくのだが。
「すみません」とか「勘違いしていました」とか。
もう80歳は過ぎているだろう、お婆さん。
私もお婆さんだが、まだ金銭感覚はある。
「たった一品なのに計算を間違うようになったら、裏方をすればいいのに・・」
ぶつぶつ言いながら帰った。

暖かい一日だった。

「知子姉さん ありがとう」kou1.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1792-2be3abe1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード