FC2ブログ

Entries

一万ぽ

天気がいいと機嫌がいい。
よっこさんだけではなさそうだ。

まず布団を干して、買い物に行って・・。
いつもと同じことをしている。至って平凡。
歩いての買い物で、氏神様へ参拝に行く。
神様に手を合わせていたら・・後方で変な音がした。
階段を下りて行ったら、主婦が運転する車がガードレールに接触したらしい。
神社横にある集会所で集まりがあるようだ。
2~3人の人がガードレールを見に行った。
車の傷を眺めている人も居る。
神社の近くの事故で、ご利益があって大したことがなかったようで良かった。

買い物をして、荷物を背中にしょって歩く、歩く。
先日の新聞に保育園の記事が載っていた。
今のとこから移動して4月から開園するので見学に来て下さいとあった。
階段を昇り詰めたところに新しい大きな保育園があった。
そこは元会社の社宅があったところで、社宅を壊して分譲した。
高台の平地にあって、まあ見晴しのいいこと。
市内とは言えないが、町内が一望できる。
すでに一戸建ての家が100軒以上は建っていた。
そして住民はここに慣れたようだ。
「三世代住宅の・・」を売り物にしているだけに敷地は広い。
道路もしっかり広い。
これなら安心して歩ける。
眼はきょろきょろとあっちこっちへと移動する。
まだ自然が残った高台の住宅地は住み心地満点だろう。

午後はまた散歩。
ポケットには携帯とデジカメと100円玉を持参した。
歩き始めたところにチャンスはあった。
雑草を刈っていた少年。この土地の少年だろう。
「こんにちわ、あのうこれ貰ってもいいかなあ?」
ツルウメモドキの赤い実がいっぱい付いた蔓。
「はい」
「これでリースを作ろうと思ってね!
バンさんのご長男さんですか?」「はい」
「もうしっかりおとうさんの仕事が出来ますね!」
「いえ、まだまだです」
「大きくなったわねえ、高校生?」
「いえ、二十歳過ぎました」「じゃあ、もう大人なのね!あのね、この
ツルウメモドキは花屋さんでは高い値で売っているのですよ・・」
彼はそんな金儲けの話には関心がなさそうだ。
「ありがとう」
二十歳過ぎの若者が、父に言われたからなのか?
法面の雑草刈りをしているのに感心した。
この子の両親にも爺・婆にも接してきた。
広い土地はあるが、不動産があるだけに苦労もしている。

うさぎのエサを探して採って持って行った。
今日のうさぎは空腹だったのか、口笛で寄って来た。
そしておいしそうに青い草を食んだ。
これで満足。

携帯を見たら・・一万ぽ以上歩いていた。

「元気な足を ありがとう」hato4.jpg









スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1790-08056cc3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード