FC2ブログ

Entries

寒いのか、あついのか?

バタバタしていると寒暖の差に鈍くなる。
汗をかかないという事は寒いのかな?
最近は冷や汗をかくことはあっても、汗が流れない。
84歳のお姑さんと暮らしている人が言う。
「うちの婆ちゃんは歳のせいか、ほんとにいい加減なんだから・・。
今日は寒いからもう一枚羽織らないと風邪ひくわよ、と言ったら寒いかねえだって!」
それを聞きながら、あと一巡りしたら私もそうなるかも?と思う。
いやいや、すでにもうそうなっているような気がする。
そばに誰かが居て、暑いから・寒いからと言ってくれないと風邪を引くかも?
歳をとると、何事も鈍くなっていくようだ。
鈍くなって・・いい事もあるが。
運・鈍・根・・・と言う。

今日は寒い日だった。
風が冷たくて、散歩どころではなかった。
買い物には歩いた。
百円ショップで毛糸を3玉買った。
向かいの奥さんが、捨てようと思っていたセーターをほどいて帽子を編んだと
素敵な帽子を冠っていた。
編み方を教えて貰って、正月までには仕上げよう。
温室の中で雑巾を手縫いした。
足踏みミシンの調子が悪くて、苦手な針を持った。

急に寒くなったので、一斉に紅葉が始まった。
遠くへ紅葉狩りに行かなくても、近くの公園の桜の葉が綺麗に色づいた。
スクールガードが終わって、うさぎのエサを探していたら、フェンスにからまって「あけび」
がいっぱいぶら下がっている。
フェンスの手前のは簡単に取れた。
4個収穫して、一個は味見をした。まったりと甘い、さっぱりした甘さだ。
あとの3個は小学校へ持って行った。
受付でガラス窓をトントン合図したら若い男先生が出て来た。
「あのう、これ三つ葉アケビと言うものですが、子供達に・・」
男先生は初めて見たらしい。
「ちょっと待って下さい。教頭先生を呼んで来ます」
「いつもお世話になっております」教頭先生は丁寧に頭を下げた。
「あのう、このアケビはプールの南側にあるフェンスにからまって生っていました。
子供達にアケビを見せてやって下さい・・」
教頭はそれなりの歳だから、アケビを知っていたようだ。
「自然の中にあるアケビは色も綺麗だし・・」「そうですねえ・・」
そう言いながらも、私は子や孫にアケビを教えていない。
自然を教えることも大切だと思うが、強制は出来ない。
今朝もそうだった。
「朝、外に出るとニンニクの匂いがする。
毎朝、どこのおうちでにんにく料理をしているのだろうか?
そうそう3日程前に庭の隅にニンニクを植えたから・・・」
「ニンニクはどうやって植えるんだい?一個丸ごと植えるんかい?」
「え~っ、そんな事も知らないの!」
そうだろうなあ、何事もやってみないと分からないものだ。
机上の空論では何も始まらない。

「さあ、いつから始めようか? 毛糸さん ありがとう」
犬山モンキーパークsiro4.jpg




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1785-85ef95c1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード