FC2ブログ

Entries

レモンケーキ作り

ふれあいまつりが17日の日曜日に催される。
それに向けてのレモンケーキ作りをした。
とにかくこのケーキ作りをしなければとみんな頑張った。

大雨の中、市民館に8時45分に集合して・・出発する。
ふきしま公民館には立派な調理室がある。
そこにはオーブンが6台もある。
それでケーキ作りの時は、いつもここだ。

9時・・作業開始。
みんな黙々と働く。
警察から青少年係の人がふたりと、少年・少女がふたり来た。
少女に聞いた。
「ケーキ作りが好きなの?」「はい」
彼女は寡黙だったが、係の人の話によると菓子つくりが大好きらしい。
それで「ケーキ作りに行きたい」と名乗り出たらしい。
少年係の彼とペアで、ケーキ作りを始めた。
「ケーキを作るのは初めて・・」という彼に丁寧に教えた。
教えているうちに「よっこ先生」と呼ばれるようになった。
なんと嬉しい事を言って下さる!
ずっと彼とふたりで何回かケーキの種作りをした。
彼は36歳で、小学1年生の子が居るという。
「生意気でしてねえ」「でも一番かわいい時ですよ」
ゆとりがある時は、各チームの出来具合を見て回った。
みんな一生懸命にケーキに取り組んでいた。
「まるでケーキ工場ですね!」
黙々と働く私達はロボット。

お昼にはOさんの豚汁と、会長のさつまいもご飯。
23名のケーキ工場ロボットは舌鼓を打った。
食後は「さあ、もうひと頑張り・・」
疲れた身体にムチ打って、ただ手を動かす。
焼きあがったケーキに粉砂糖をレモン汁で解いたものをケーキに乗せ
その上にレモンピールを乗せる。
ケーキが冷めたら、袋詰め。一個・一個。
そしてシールを貼る。
なんと手間暇のかかる作業だろう。
「このケーキ一個が100円です。安いでしょ?」
「とんでもない!労賃やガス代は入っていません!」
みんな大きな声で言う。
みんながボランティアでやっているからこそ・・安く出来るのだ。

しかし私は今日は黙っていた。口にチャックをと心がけた。
何を言い出すか分からない、感情を抑えた。
疲れている時は後悔するような事を言うことがある。

今年のケーキ作りは大成功だった。
焼き過ぎて真っ黒になったとか、形の悪いものはなかった。
全部で560個作ったが、早くに帰った人には「おみやげ」としてケーキを渡していた。
私達ケーキ作り会員にも6個ずつ袋に入っていた。

ふれあいまつり当日はケーキ一個100円で、レモン2個詰めで100円として売る。

帰宅してほっとする。
疲れが出るのは明後日か?

「右から左へ聞き流し これ生きるコツ ありがとう」kya2.jpg
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1774-368b23ce
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード