FC2ブログ

Entries

大雨

寝床で激しい雨音と雷を聞いた。
かなりの降りだった。
起床してからもずっと雨だった。
掃除は休んで、のんびりした。
折角の涼しい雨の日、何かをしよう!

溜まっていた絵手紙をまとめて箱に入れた。
「しあわせ村」へ持って行く。
絵手紙ボランティアだ。
ついでに近くにあるアピタへ行った。
久しぶりの慣れないとこでの買い物は疲れる。
欲しいものを探し歩いて、最後はどうでもいいや・・になった。
そして結局どうでもいいものを買った。
「ねえ、お母さん。これ買ったら?」
幼い女の子の声だ。
「お母さんはね、お金がないの・・」
振り向いて見たら、若い質素な身なりのお母さんだった。
まとも、正直でいいなと思った。
爽やかなお母さんの言葉だ。
もうひとり見た。
高齢者だろう奥様だ。
素敵なお洋服を着ているのに、それ以上のまだ欲しいものがあるの?
私は私の個性でいいや。
そう決めた。
そして2枚で1000円のティーシャツを買った。
これでいいのだ。

帰り路、水溜りのある道があった。
そこを過ぎると砂埃の立つほどの舗装道路。
「馬の背を分けた」局地的な豪雨が降ったのだろう。
今日の空はいちにち中怪しかった。
行きには向かう方向に黒雲が被さったとおもいきや、竜巻のような異様な光景が。
シャッターを切ったが、ニュースでは報道しなかった。
あれは目の錯覚か、雨の渦だったのだろう。
家に居ては見られない自然の脅威だ。

広島の原爆記念式典を見た。
毎年、手を合わせるが平和を保つために核は必要なのだろうか?
日本は何故、核廃絶にサインしなかったのだろう?
アメリカの傘下にいるから、アメリカに守ってもらうのだろうか?
原発も再稼働させるだろう。
原爆の怖さを言い伝えて、核をこの地球から無くせないものか?
♪「ひとりの小さな手 何も出来ないけど それでも みんなの手と手をあわせれば
何か出来る 何か出来る」

「明日から秋 明日から暑くなる ありがとう」tatu2.jpg





スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1668-01770bc4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード