FC2ブログ

Entries

変わらず

なかなか人間は変われないものだ。
いや私が・・だ。
もっと緩やかに生きていたいと思いつつ、今日もバタついた。
「自分で抱え込まないで、人に任せることも必要」という。
任せられないことが多い。
私は私流でしかやっていけない。
「人間にはねえ、死ぬるということがあるのが幸せなのよ」
阿弥陀如来の大慈悲におすがりするか!

昨日の精一杯の一日が過ぎて、今朝は起きられるかちょっと心配だった。
昨日来た同級生の暑中見舞い。
「めまいはするし、手がしびれるし・・それでも生きています」とあった。
元気者の友がそんな弱音を吐くのが心配だ。
それで同い年の私にも「めまい」が起こるのではないか?と予期不安をする。
本当に馬鹿げた話だ。
今朝はぐっすり寝たせいか無事に定時に起床できた。
(さあて、今日の予定をこなしていこうか・・)
9時前に公園へ行く。
雑草は伸びるのが早い。
その雑草を抜く作業をする。
「このこぼれ種のにちにち草、花壇に植えるから貰ってもいいかな?」
「いいでしょう。貰っていけよ」
とりあえず倉庫にあったバケツに苗を入れる。
私の労働がひとつ出来た。
「誰も来ないから、向こうの平子農園へ行ってみるか!」
まだ少し元気が残っていた。
平子農園では数人の人が黙々と草取りをしている。
レモンの木の周りの草とりはしない方がいい・・と会長は言っていたが・・。
レモンの木の丈ほど育った雑草を抜く作業。
とても女の手だけでは抜けない。
クワを持って、力いっぱいふりおろし、根が張った雑草を抜き取る。
向かいの畑のHさんがスイカを差入れしてくれた。
甘くておいしかった。
スイカを食べて、また頑張った。
炎天下はかなり暑い。
「私はね今朝決心したの。ピンピンコロリと逝くと。
この広い畑でね!」
誰も何も言わなかった。
ただ草をせっせと取っていた。
レモンの木が21本、その周りに繁った草がなくなってすっきりした。
腰が痛いという人は、地べたに腰を据えて里芋の草とりをしていた。
「もう終わりにしましょう」と私が言うのに、切りが付くまでと思っているのか
まだ続けている人が居た。
「お先に失礼します」
そして帰宅してすぐ花壇に行って「にちにち草」を定植した。
これで午前中のやりたい事は終了した。
ただ買い物に行けなかったのが残念だが、完全はない。
午後はグロッキーだった。

そうそうビッグニュース。
食卓の上で何かが動いた。
数日前に一輪挿しに活けようとセージを切った。
そのセージにサナギが付いていた。
うまくセージに糸で身体を支えている。
「いつ生まれるの?」
毎日何度も声掛けをしていた。
胎教のようなものだ。
そしたら今日が誕生日になった。
殻から出たのはアゲハ蝶だ。
しばらく休んで、家の中を飛び始めた。
そう広くない部屋は障害物が多い。
カーテンに止まり、網戸に止まり・・羽根を乾かした。
産まれたばかりの蝶の羽根はまっさらで美しい。
外で飛んだり止まっている蝶の羽根はかなり傷んでいる。
可愛そうだが、生きるということはそういうことだ。
数時間「蝶ちゃん」「ちょうちゃん」と呼びかけて・・大空へ放した。
蝶々は自由になれたが、これからあの羽根は次第に欠けていくのだろう。

noo3.jpg
絵手紙を出した。
絵手紙を描いた。

「ソーメンおいしい ありがとう」


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1650-a488ebc2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード