FC2ブログ

Entries

ででむしのかなしみ

sion9.jpg
ふっと思い出した。

4週間に一度の受診日で出かけた。
「お変わりありませんか?」「まあまあそれなりです」
そんな対話をしながら血圧と脈を計る。
先生との対話。
「どうも肩こりや頭痛がするのは、夫源病かもしれません」
「あれはね、マスコミがつけた要領のいい言葉で・・そんなものはありません。
生きている以上、誰にもストレス・摩擦はありますよ。
たとえばお姑さんと暮らしている人にとっては、お互いにいいたい放題ではいけないでしょ?
夫婦だっておんなじですよ」
そう言われてはっと気がついた。
(私だけじゃあない。みんな心に荷物を持っている)
荷物は軽くても重くてもしょって生きて行かねばならない。
「今回の院長のひとりごと面白いでしょ?」
3ヶ月に一度の更新で医師であるふたりはHPに思いのままを書いている。
待合室の入口にそれを貼ってあるが、人の行き来でずっと読み続けられない。
それで受診の前日に読むことにしてあるが・・忘れていた。
ちらっと読めたのは「夢」についてだった。
寝て見る夢でなく、現実世界での夢。
今夜は絶対読むぞとHPを開いてみたらまだネットにあげていない。
いつもの薬を貰って帰った。
家計簿に支出を書き込みながら、今日の会話を思い出した。
(新実南吉の「ででむしのかなしみ」じゃあないか!)

スクールガードをしていたら、敬老の家から女性が5人ほど出て来た。
みんなそれなりの年齢だ。
弱った人を支えながら、その一団はゆっくり歩いていた。
やがて私達の年齢の人も後期高齢者になる。
お互いに支え合いながら生きていくしかない。
小学生と一緒に歩ける私はシアワセだ。

あさいちに電話が鳴った。
「明日ねウチへおいで!
夫が作るおいしいシーフードカレーをお喋りしながら食べましょう!」
「行く、行く!!」
ご主人さんが作ったカレーの味見に行く。
ごちそうさま。

「声かけてくれて ありがとう」

ヒメジョオンと蝶
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1602-241561ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード