FC2ブログ

Entries

27回忌

6月2日は亡き舅の命日である。
お寺さんの都合で今日になった。
「早目に来てね!」主催者である兄に言われていた。
「法事・午前9時」とカレンダーに記入してある。
とりあえずお供えとお数珠を持って、黒っぽい服装で出かけた。

幸いこっつんこして治療に出していた車が昨夕帰って来た。
車の保険というものは有難いもので、少しのへこみもピカピカになって帰った。
「事故ってねえ」と、言い訳をしなくてよかったのでほっとした。

住職さんは10時半に来るという。
少し早すぎたわと思ったが、挨拶からお喋りしているうちに・・・時刻より早く見えた。
義兄夫婦は仏事を丁寧にやっている。感心する。
ツレの兄弟夫婦、兄一家も揃った。
総勢12人で、念仏(正信偈)を唱えた。
住職さんはいつものように「法語一滴」を持参していた。
みんなに手渡して、短いが中味の濃い法語を読み上げた。
・「タヌキやキツネは人をだますけれど、自分をだましたりしません。
人間というのは大変な生き物です。
自分をだます たちが悪いのです」
・「私の人生は傷だらけであるが、この傷からしみじみと手を合わせるような後光がさしている」
・「長い時間を経て 何になった
  ジジになった ババになったでは 申し訳ない」
・「一生現役 臨終定年
30分で燃え尽きるろうそくが3本燃えた。
住職のこの法語説法が私のお気に入りである。


お昼には「銀のさら」のにぎり寿司がたっぷり出た。
遠慮しないで、頂いた。
食後には腹ごなしの近況報告で時間の経つのを忘れていた。
東京方面へ帰る夫婦が腰をあげたので、私達も立ちあがった。
午後4時をとっくに回っていた。

「おじいさんの人徳でみんな元気で法要できました ありがとう」
「小学校の鈴なりのくわの実」sion17.jpg

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1600-19316ab9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード