FC2ブログ

Entries

まとめて・・みっか

4月24日
旅行会社のツワーに乗った。
割安旅行で2泊3日で39800円。
ほぼ1年に一度の割合でバドミントン仲間との旅行がず~っと続いている。
今年は「春の東北花便り」に便乗した。
AM8時名古屋発の新幹線「こだま」で東京まで。
東京からバスに乗り換えて・・北へ向かう。
まず最初の花見は「三春の滝桜」
3日前に雪が降ったし、今年の滝桜は他のサクラに先駆けて開花したらしい。
目にした一瞬、これがサクラかと驚いた。
茶色なのだ。
雪が積もって凍って解けて・・そんな色になったのか?
去年もこの滝桜を見た。
満開のいい時だった。
「また会えた!」ただそれだけで良かった。
何故か去年も今年も雨の日になった。
次に行ったのは、霞ヶ城公園。
サクラより足元を気にしながら歩く雨の中。
飯坂温泉泊まり。
広い部屋に三人、偶然にも同い年同志で話が合った。

25日 快晴
目覚めて障子を開けたら、向こうに山があった。
はっきりくっきりの景色で、快晴。
山には緑はまだ無い。
飯坂温泉8時発。
かの有名な花見山公園へ。
ここは個人が所有する山で、山一面にいろんな花を栽培している。4ヘクタールの広さ。
鑑賞用ではなく、切り花用の花達らしい。
ゆっくり2時間のゆとりがあっので、花を見ながら山を登り、花を見ながら下った。
かなりの観光客が居た。
ハイキング仲間が「はい、チーズ」で、20人ほどで記念撮影していた。
珍しい花もあって、花博士が活躍した。
この花見山公園が快晴だし、花も多くて・・最高だった。
みんな自分が花になった気分だったろう。

次は「こおり桃源郷」という所で、桃の花が満開だった。
桃の花の絨毯。
次は白石スパッシュランド公園でシバザクラの鑑賞。
彩りよく植えられたシバザクラは見頃だった。

次は七ヶ宿・玉の木原湿原で約10万本のミズバショウを見た。
かなり広い湿原で、清い水が流れていた。
白いミズバショウの花を白く撮るのは難しい。
仲間の女性12人はまるでミズバショウ乙女になった気分ではしゃいだ。
高畠ワイナリーでワインの試飲をする。
小さなコップで、いろいろなワインを味わった。
どれが自分の口に合うのか、腰を下ろしてもっと飲まないとわからない。
足元が少しふらつく程、試飲して・・蔵王へ向かう。
昇り坂を上って行くと、雪が見えてきた。

蔵王温泉はまだ冬だった。
スキー場が少し向こうに見えた。
行けないだろうから行こうとも思わなかった蔵王。
蔵王のマンモス樹氷は夢で終わりそうだが、幸いに蔵王には行けた。
願わなくても、向こうから訪れてくれるラッキーもあるのだ。
その夜はみんなで大笑い寸劇とトランプを楽しんだ。
トランプは「ババ抜き」
他の宿泊客にうるさくして悪いからと、10時でお開きにした。
テレビで天気予報を見たが、明日の天気は悪くなりそう。
傘の準備をする。「蔵王温泉五感の湯つるや」

26日。
蔵王温泉にサヨナラする。
置賜さくら回廊から始まった。
最上川堤防の千本サクラを土手を歩いて鑑賞する。
サクラもいいが、最上川のゆったりした流れがもっとよかった。
昼食はオプションだったので、バス駐車場近くの市場でパンを買う。

次は伊佐沢の久保ザクラ。
樹齢1200年のこのサクラは老体で、ただ今修復中。
今年は元気が出て、サクラが咲いたそうだ。
ボランティアのおばさんが丁寧にその成り行きを語った。
次は烏帽子山公園。
烏帽子の形をした石があった。
石で作った継ぎ目のない日本一の鳥居は見事だった。
サクラが満開の時の写真を貼ってあったが、今年はウソという鳥に花芽を
食べられて花は少なかった。
約1000本のさくらの名所らしい。
雨はふるふる中をもう行きたくないと思いつつ、次は上杉神社へお参りする。
東海市と米沢市は姉妹都市で行き来がある。

そこの観光が終わって、一路帰りにつく。
都心環状に入った途端に渋滞。
添乗員さんは、ハラハラしていたが・・私もドキドキした。
新幹線は待ってはくれない。
なんとかゆとりがある時刻に東京駅に到着してほっとする。
東京発なので早目に乗り込んで、お喋りが始まった。
発車してもお喋りは続き、笑い声は次第に大きくなっていった。
車掌さんに「他のお客さんもいます」と注意された。
それ以後、気を付けていたがまたお喋りが始まった。
思い返せば、同じバスに乗った人達にも随分迷惑をかけたなあ。
それでもお互いに「さよなら」の時には「ありがとうございました」だった。

大きな月が浮かんでいた。
「きっと今夜は満月だよ」

帰宅したら11時だった。
かなり強行軍の旅行だったが、全員無事でよかった。
「おつかれさま、ありがとう」

「三春の滝桜」

「三日間ありがとう」taki3.jpg










スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1563-2fcda855
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード