FC2ブログ

Entries

今日

快晴だった。
暖かだった。
ふとん干しに好適の日で、ふたりのふとんを干した。
年寄りになると新陳代謝も衰えて、汗もかかない。
一晩のうちに何リットルもの汗が出るというが、あれは若い人の話だ。
汗どころか寒くて、湯たんぽの世話にならないと寝られない。
(ありがたいなあ)と、いつも思う。
家計簿の記録を見ると、丁度一週間前にも布団を干している。
今夜は太陽のぬくもりでねられそうだが、まだそう問屋は卸さないだろう。
今日の太陽はさんさんと春を思わせた。

何もないが、いつものように健康の森へ行った。
別にこれといった予定がないのだ。
少し歩き過ぎかもしれない。
昨夜は足がだるく、股が痛かった。
歳とるとちょっとした異常にも敏感になる。
放っておけば「自然治癒」でいつの間にか忘れているのだが。

痛いからとじっとしても居られない。
健康の森を今日も歩いた。
今日は暖かいとの予報で、どっと人が繰り出した。
管理棟に「犬の糞」の苦情と対処の記事が貼ってあった。
最近は犬連れの散歩が多くなった。
向こうからベビーカーがやってる。女二人連れ。
てっきり赤ちゃん連れているのかと思ったら「ワンワン」吠える。
「ごめんなさい~」ミニダックス3匹連れの女ふたりだった。
「可愛いわねえ」おあいそに言う。
犬はきっと挨拶をしたのだろう「こんにちわ」と。
暖かいので池のほとりに亀が並んで甲羅干しをしている。
我が家の「かめこ」はこの冬を越せなかった。
生体反応が全然ない。
「カメは万年」というがあれはうそのようだ。
人間だって平均年齢まで生きられない人も多いから・・そんなものだろう。

帰宅して午後、近くの池に「かめこ」を放った。
もう活き返ることはなかろう。
池に向かって「なむあみだぶつ」と唱える。
数年間楽しませてくれた。
生き物はいいが、いつか別れがある。
もう声をかける生き物が居なくなったと思うとさみしい。
「介助犬」を1年間自宅で飼育する記事が先日新聞に出ていたが・・アメリカンレトリバー
の大型犬では無理だ。また別れも哀しいだろう。
そう思うと、いま一歩踏み出せない。
「今を犬と一緒に生きています」と言う友も居るが。

スクールガードしながら、6年生に言ってしまった。
「卒業したら・・寂しくなるわあ」
彼等の前途を祝う言葉にしなければ・・と後悔した。

「暖かくて助かります ありがとう」
雲南さくら草un2.jpg






スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1516-f8af9bc9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード