FC2ブログ

Entries

爆弾低気圧

それが来ているらしい。

温泉宿で眼をさます。
部屋仲間のみんな早起きだ。
いつもは8時まで寝るという人も5時過ぎには起き上がっていた。
私は6時まで頑張って、布団の中でストレッチやマッサージをした。
これをしないと一日すっきりしない。
やっと起き上がって、温泉を勧められて・・ひとり行く。
これで目覚めた。
7時が朝食、バイキング。
食べてみたいものはくさんあるが、ハラと相談する。
満腹は苦しいのみ。
軽く朝食を済ませて、出発の準備をする。
あちこちにカイロを貼るので時間がかかる。

9時発でオプションの海鮮市場へ行く。
この市場はひとつの大きな館になっていた。
それでも北陸の冷たい風が通路を通り抜ける。
一通り、市場を一周して・・土産物を買う。
宅急便で送った人も居る。
私はそこで秋田の人に干物の詰め合わせを送った。
送料1000円也。
市場の2階の寿司屋で早い昼食。
11時開店で11時になだれこんだ。
私は海鮮ちらし鮨を食べたが、結構おいしかった。

みやげも買ったし、あとは帰るだけ。
その帰り道も変化に富んだものになった。
昨日の山波は全然見えず、地吹雪や横殴りの雪を見た。
雪はみるみるうちに積もって、通行止めを予感させた。
除雪する車が先を走る。
のろのろ運転。
仕方ないよねえ、と言いつつも事故の心配もしている。
しかしお蔭様でドライバーの腕一本に命を預けた人達は無事名古屋駅に到着した。
バスの中では会話が弾み、とても楽しい数時間だった。

「ありがとうございました」
みんなドライバーに深々と頭を下げた。
あの雪に遭いながら、定刻より早いご帰還となったのだ。

帰宅したのは午後8時。
お土産を片づけるのに時間かかる。
ツレが作った雑炊と太巻き寿司、ふうふう言いながら食べた。
実は7時に名古屋駅なら、バスの中で夕食にしましょうとパンを買って食べたのだ。
「何もすることがないので、パンを食べます」
友が言う。
「それでは夕食の定刻なので私も・・」と、私も食べ始めた。
「この手作りパンおいしいわね!
アンパンもクリームパンもおいしいわ!」
そこへもう一度、夕食を詰め込んだ。
ふ~っ!

「余計なお節介のご忠告 ありがとう」



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1474-97e25175
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード