FC2ブログ

Entries

新年会

迷ったらイエスと言え!

私の場合、迷って迷って結局は当日にとことこ出かける。
そんなあいまいさがある。
それが人に迷惑をかけていると思いつつ、決断が鈍い、遅い。
「迷ったら前へ」とも言う。

冬の底にしては今日は暖かだった。
カイロに助けられて出かけた。
駅のホームで若い女性に声をかけられた。
「あのう、須ヶ口へ行くにはどうすればいいでしょう?」
「須ヶ口は岐阜線ですねえ。この急行に乗って、途中で乗り換えをしないと・・」
ホームのベンチ、私の横に座った女性がアドバイスした。
「電車の最後尾に車掌さんが乗っていますから、聞いてみるといいでしょう」
なるほど、それは知らなかった。
電車に乗るとさっきアドバイスした女性が私の向かいに座っている。
(足元は?)しっかりした厚底の靴をはいていた。
眼を閉じた顏は上品な奥さんだった。
彼女はどこへ行くのだろう?

いつものところへ向かう。
いつものメンバーが揃った。
自己紹介から始まった。
この一か月間の出来事、悩み喜びを話す。

同じ階の視聴覚室ではこんな催しがあった。
「最近の葬儀のしきたり講座」?
椅子がいっぱい並べられて、人を待っていた。
「あっちの講座も聞いてみたいなあ!」

午後は和食の「さと」で新年会をした。
たまの外食はおいしい。
幹事長さんはよくやって下さる。
段取りから手配、最後の支払いまでして・・駅まで送ってくれた。ありがとう。

雑談の中に宝あり。
「石のできやすい身体」の人は今日はお休みした。
どうも身体の中で石が騒ぎ出したらしい。
「この石が宝石ならねえ」と、自分の辛さをジョークで笑わせたそうだ。
久しぶりの80歳のWさんはとてもその年齢には見えない。
どんな生き方をしてきたのか知らないが、いいお手本になる。
読書家でいろんな類の本を読破している。
従って豊かな知識を蓄えている。
(こんな歳だからもういいや!)と思っている私とは大違い。

帰りの電車は若者でむんむんしていた。
そうだ、この電車は通学電車だった!
駅に下り立ったら、おでこに一粒の雨が・・。
それから降り始めた小雨。雨が多くなった。
明日は晴れるか?

「今日もいっぱいの ありがとう」rakan9.jpg



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1470-71042c1e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード