FC2ブログ

Entries

あと少し

あと少し、もう少し・・来年になる。
別に頑張っているわけではないが、今年も終わる。
終わってどうなるってことでもない。
来年が来る。
来年も平々凡々の日々が続けば幸いだ。

ボランティアのリーダーは頼まれれば、快く引き受ける。
「歳だからもう少し減らしたら?」と言っても減るどころか増えている。
ボランティアが彼の生きがいのようだ。
今月は7回も受けている。
私はその全部には付き合い切れない。

今日は隣の市の介護施設へ行った。
朝の9時にお迎えが来て、まだぼ~っとした頭で同乗した。
地理に詳しくはないが、私がカーナビになる。
本物のカーナビの言う事は聞かない。
「右へ」と言うのに逆らって「左へ」曲がる。
本物のカーナビもいい加減なものだ。
丘を越えて、隣の市に入る。
大きな病院があって、その周りにはいろんな施設があった。
介護施設・障碍者施設・看護学校・・・
私達は介護施設のクリスマス会によばれた。

広い施設はゆとりがあって、廊下もどこもクリスマスバージョンだ。
この施設には「医療部屋」もあった。
医者が常駐しているのだろうか?ドアが開いていた。
10時半からクリスマス会が始まった。
大きな部屋には100人は居たろうか?
みんなそれぞれにトナカイの角やサンタの帽子を付けていた。
職員はサンタクロースの格好をしていた。
そこで安来節・ひょっとこ踊り・マジックとハーモニカを演じた。
メンバーは11人。
歌って踊って聞いて・・貰った。
「ありがとうございました」で終わり。
控室で着替え・片づけをした。
畳12枚もある和室にはfutu3.jpg
、姿見があり、日本人形が飾ってあった。
みんな終わってほっとして少々疲れても居た。
始まる前の威勢のいい雑談はもう出なかった。
「用事があるのでお先に・・」そう言う男性を押しとどめた。
「もうちょっと待って!お茶が出るから・・」ひょっとこ仲間の女性が言う。
そこでしばらく待ったが、その気配はなかった。
朝早くから出かけて、演じて、お茶いっぱいも出なかった。
「こんなもんさ!」
ボランティアは無料で使えるものと思っているのか?
認知症の人達の世話で疲れ果てていたのか?
「それにしてもねえ・・」
お互いに顏を見合わせて、後ろも振り返らずに帰った。
これで今日の半日は過ぎた。

午後から冷たい風が吹き始めた。
今夜から寒くなるそうだ。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1434-3af47704
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード