FC2ブログ

Entries

園児とおとしよりのふれあい

今回も欠席せずに行った。
これは保育園の行事のひとつで年間4回ある。
核家族化しておじいちゃん、おばあちゃんと触れ合う機会が少ないようだ。
自分の孫よりずっと幼い子とふれあうのもいいものだ。
3歳児のチューリップ組。
16名の園児の中に4人の高齢者が配属された。
可愛い3歳児はまだ素直だ。
しかしちゃんと自己主張は出来る。
大きな声を出せば、何でも叶う年頃だ。
「まだこんなに幼い子を保育園に預けてねえ・・」
「お母さんのぬくもりが欲しい年頃だろうにねえ」
先生に聞こえない小声で話をする。
今日はサンタクロースの制作をした。
制作といっても、ばらばらに切った部品を紙に糊で貼り付けるだけの作業。
先生は糊のつけ方から教えるが、その通りには出来ない。
そこで婆ちゃんが手助けをする。
出来上がったサンタさんを糊が乾くまで干す。
20人のサンタが並んだ。
それぞれに特徴があって、とても面白い。
「こうしなければ・・」との大人の「かくあるべし」を度外視した楽しさがある。
白いおひげが逆さまだったり、赤い帽子が台紙からはみ出して居たり・・。
さあ、今年もクリスマスが来るよ!

今日の「ふれあい」の予定は散歩だった。
しかし外は曇っていて寒そうだし、体調を崩している子もいるからと・・教室でのお遊びになった。
中学生のお兄ちゃんが、体験学習で保育園へお手伝いに来ていた。
おとなしいお兄ちゃんは手弁当を持って来ていて、一緒に給食を食べなかった。
しっかり先生のお手伝い・園児とふれあっていた。
正午過ぎにお開きになって帰宅した。

幼い子と遊ぶのもこの歳になると疲れる。
一休みして先日忘れた傘を取りに行った。
スーパーへ行く前に郵便局に寄った。
それでもう傘の事はすっかり忘れていた。
買い物をして、自転車で帰っていて・・何の拍子か思い出した。
(傘だ!傘だ!)
またスーパーへ戻ってかさ立てを見たら、私の緑の傘が一本あるだけ。
もっとも名前を書いてあったので、また取りに戻るだろうとの計らいだろう。
あの日は出がけは雨、帰りは晴れていた。
それで胸をなでおろした。
2度あることは3度あるという。
2度も忘れなかったのでよかった。
これから先が思いやられそうだ。

「ありがとう 私のかさ」
公園のハゼが色づいた。con4.jpg
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1392-0683dafe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード