FC2ブログ

Entries

個性心理学

一応受けてみようかな?
無料でそんな学びが出来るなんてラッキー。
今日の催しの申し込みを昨日した。
「もう締め切った?定員オーバーになる?」
「それがね、申込者が少なくて・・私達がさくらになろうと言っているのよ」
市民館の事務の人が言う。
「私ね自分の性格もよくわかっているし、これはもうどうしようもないという事も分かっているんだけど・」

そして今日の10時に間にあうように、準備体操もしてでかけた。

心理学を教える人ってかなりの年配の男性だろうと思っていた。
ところが、なんと若い女性!
私から見れば娘のような歳。
もう出来上がった個性はどうしようもない。
ところがこの先生は話がうまい。
個性心理学を学んで、一応資格も持っているという。
「人を認めてあげて自分が変わる」
そこがポイントのように思った。
その箇所で先生は力をこめて言った。
そのあと「ここのコミュニティを楽しくするにはどうしたらいいでしょう?」
「もっとみんな触れ合える場を作っては?」
「これからは高齢者社会。横のつながりでよりよく生きるには?」
「それよりまず、家にこもりがちの人をどうして外に引き出すか?」
参加者はほぼ同年齢の人ばかり。
10人の参加だった。
次回は2週間後にある。

スクールガードを4時にあがって、レモン園へ行く。
水をたっぷりやる。
レモンの若木から新芽が出ている。
もう大丈夫!
「でもねえ、この暑さではどうなるかわからない。
もう少し水やりを続けましょうよ」と、いうことになった。
レモン園の向かいで畑作りをしているHさん。
「よっこさんいちじく食べる?」
「はい大好きです」
「今の若い人はいちじくの食べ方を知らないのですよ。
おいしい味を知らない。
私達の子供の頃は、口の淵が痛くなるまで食べましたけどねえ」
3人、みんな相槌を打った。
飢えを知っている時代の仲間。

散歩して帰宅したらイチジクが届いていた。
ただいま冷蔵庫の中。
採りたてのいちじくはうまいだろうなあ!

「Hさん ありがとう」iti1.jpg




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1327-b9f6140f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード