FC2ブログ

Entries

暑中見舞い

ine2.jpg
暇と体力に相談しながら暑中見舞いを書いている。
出せば返信が来る。
絵手紙だったり電話だったり。
生の声が聞ける電話は嬉しい。
電話では言いにくいことも絵手紙になら書ける。
私は特をしている。
たったの50円切手で、かかって来た電話では長時間話す。
「ごめんね」と言いつつ、何か月ぶりかの声で元気を貰う。

汗を出すバドミントンは休んだ。
体育館へ今月の会費を払いに行って「午後の部があるから・・」と伝えた。
それだけで、みんなわかってくれている。
鬼の攪乱でもない限り私は休むことはない。
鬼の攪乱とボランティア。
もう午前中に体力を使い果たしたら、午後の部は無理になった。
去年までは「いちにちふたつ」の予定をこなしていたのに。
出来うれば木曜日のボランティアを休みたいが、いつもそう都合よくはいかない。
そこには待ってくれている人が居ると思えば、足が向く。

こんな暑い日だが、施設の中は涼しい。
涼しいのに冷茶がガラスコップにナミナミと出された。
口当たりがよかったので、一気に飲み干した。
ところが、1時間の余興の途中からトイレが気になりだした。
始まる前にもひとりだけトイレを借りた。
時計を見たら、まだ30分ある。
利用者さんは誰も中座しない。
手をあげて「トイレに行きたい」とも言えず、あるがままでいた。
30分前に行ったばかりじゃん!
それでもまたしたい!
もうちょっと我慢しよう!
1時間経って「ゆうやけこやけ」の歌になってほっとした。
その途端に忘れた。
あ~、久しぶりに頻尿恐怖に襲われた。
おいしいからと言って、がぶがぶ飲むのは控えよう。
腹筋を鍛えればいいのかなあ!
しょうがない。
私は「ミルクのみ人形」だった。

控室でお茶とお菓子をよばれて外へ出た。
午後3時半。
あつかったあつかった。

「暑いが 夕日が美しかった ありがとう」

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1293-17e73989
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード