FC2ブログ

Entries

雨のち暑い

明け方、枕元で雨音を聞いた。
しかし丸いちにち降った昨日の雨は、今日は止むと確信のようなものがあった。
起床してすぐに洗濯機を回した。
予報は雨だったが、私の勘は意外と当たる。
そのうちに東の空が明るくなってきた。

買いものに行くのに暑いほどになった。
今日は早目がいいな・・と11時前に買い物に出た。
いつもより早い時間帯なので人通りも少ない。
今日は夕食を作りたくないので寿司を買った。
「海老カツ巻きずしとおいなりさん」の組み合わせ。
ちょっと買いすぎたので、エコ袋に入り切らなくて、カウンターにあるこぶくろに
パンを詰めて持ち帰った。
人間の胃袋・特に私の胃袋は小さ目なのに、なんとたくさん買ったのだろう。
(人間食欲があるうちが花)と思うが、歳とともに量が減った。
午後は午睡してエネルギーを蓄える。
午後3時近く、スクールガードに出る。
明日は土曜日で2連休になる。
小学校の校舎の前で、男先生が担任の子等が見えなくなるまで、両手をあげてサヨナラしていた。
この先生は新婚ほやほやで、きっと明日からいいことがあるのだろう。
「先生が大サービスしているよ」

午後5時。
健康の森の体育館にいた。
バドミントンの挑戦をしてきたあっくんはまだ来ていない。
そのうちに遅刻してやって来た。
やって来たものの肝心要のシャトルを忘れてきたのに気付いた。
爺が取りに帰る。
「30分はかかるだろうなあ!なんで婆ちゃん忘れたの?」
きつい質問をする。
「婆ちゃんはね、スクールガードしていたので忙しかったんだよ」
遅刻はするし、シャトルを取りに帰るしで、2時間の使用時間が1時間そこそこになった。
ネットの向こう側ではいつものようにバスケットの練習をしている。
彼等はひとりに一個ずつのボール持参だから忘れることはない。
バドミントンコートの向こう側ではバトンをやっていた。
次々と衣装替えをして、美しい肢体の女性だ。
まるでバトンが生きているように宙を舞っていた。
3本のバトンを落とすことなく曲に合わせて、踊っていた。
まるで夢の世界をかいま見ているようだった。

間もなくシャトルがやって来て、あっくんと練習を始めた。
「ゲームをやろう」と言うので「あっくんは負けたら泣くのでいやだなあ」と言ったら
「泣かない!」と断言するので21点ゲームをやった。
結局は婆が負けたのだが、ルールや礼儀を教えたつもりだ。
だが「勝ちたい」一心のあっくんに伝わったかどうか?
明日は試合があるという。
婆は明日は公園の草とり作業だ。
今夜の食事は手抜き寿司で、おいしかった。

「ゆうせい君バスケガンバレ笑顔をsan2.jpg
 ありがとう」



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1252-a30d33fa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード