FC2ブログ

Entries

雨のち晴れ

昨夜は久しぶりにドラマを見た。
前宣伝がよかったので、首を長くして待った。
「永遠(とわ)の泉」
妻をガンで亡くした被疑者と弁護士。
熊本阿蘇山が舞台で、その山から湧き出る泉。
全てのものは自然循環している。
美しい風景に魅入った。
「あ~、私も永遠の泉に行きたい!」
そう叫んだ。
そして今朝がた、その永遠の泉に居る夢を見た。
願えばかなう、私のゆめ。
永遠の泉は自然豊かな場所。
人の生と死も自然の循環であると、作者は語る。
何だかほっとする話だった。
最後に「さようなら」の合図をして逝った妻。
残された夫は再び亡き妻への想いを胸に働き始める。
爽やかだ。

明け方「ドスン」と大きな地震が一度だけあったそうだ。
私は熟睡中で、知らなかった。
ラジオでも報じていたから、ほんとうなのだろう。
明け方のかなりの雨は起床を遅らせた。

日中は暑いくらい。
健康の森で「健康のつどい」があるとかで行った。
明け方の大雨で予定は大幅に縮小されたようだ。
広場ではフリーマーケットをやっていた。
プラザ内では「サプリメントと健康」についての話があったようだ。
みどりの中を5キロウォーキングした。
オオヨシキリが賑やかに騒ぐ。姿は絶対に見せない。
双子の女の子(2歳)が前をよちよち歩いていた。
目を細めて見ていたら、ひとりが転んだ。
そこは緩い下り坂になっている。
「さあ、起きようね!」
女の子は痛かったのか泣き出した。
後ろを歩いていたパパが抱き起した。
「お父さん、頑張らなくっちゃあね!」
双子とお姉ちゃんと。
「そうですねえ、頑張らなくっちゃあ!」パパが力をこめて言った。
ママに聞いた。
「どっちの子がお姉ちゃんですか?」「さああ?」
とっさには答えられないほどそっくりだった。
私は先日の2歳の女の子のぬくもりを思い出した。

夕方も散歩。
上等の犬が向こうから歩いて来る。
飼い主さんはまだ若い。
マイペースで歩いている。
犬が立ち止まって、私に向かって歩いてくる。
膝を折って姿勢を低くした。
「いい子だねえ、可愛いねえ」そう言って撫でて、鼻と鼻をこっつんこした。
顔の長い高級犬だ。
私が言うより早くに飼い主さんは「ありがとうございます」と挨拶した。
私も触らせてもらって「ありがとうございました」

「蒸し暑い時季 ありがとう」
こんな夜は蛍が飛ぶ。yama2.jpg




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1247-7c0d1e84
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード