FC2ブログ

Entries

虫の居所

午前中のことだ。
大きなきゅうりを持ってきて、ツレが嬉しそうにカウンターに置いた。
それは孫ちゃんチへ持って行こうか?と腹積もりしていたものだ。
流しに立っていた私は即座に言った。
「どこのうちでも収穫するのは奥さんだよ。
野菜作りをするのはご主人で・・」
「・・・」
それにしても大きく育ち過ぎくらいのきゅうり。
夜には漬物になった。

その出来事を夕方のお喋りで親しい人に言った。
彼女は大笑いした。
「腹の虫の居場所が悪かった・・とは面白い!」
大きな病をした彼女がこんなにわらったのを見たのは始めてだ。
花好きの彼女が花を眺めている姿に声掛けをしたのが始まりだ。
「今日はどうする?水やる?」
「雨が降るらしいから、今日は省くわ」
「それじゃあ、私も省エネにしよう」
水遣りも結構疲れる。
本当なら花に聞けばいいのだが?
「喉が渇いている?水欲しい?」

小学校のプランターがひとつ空っぽだったので、ポーチュラカを持って行って挿し芽した。
昨日は水やりしたが、そんな会話のあとなので省いた。
♪雨よ降れふれ 悩みを流すまで

スクールガードのとき。
つい去年までベビーカーに乗車して、お兄ちゃんを保育園に迎えに来ていた女の子。
いつもにこにこと可愛い。
泣き顔は見たことがない。
あっという間に歩いている。
そして走っている。
「あら、もう走れるようになったのね!」
お母さんは今年4人目の赤ちゃんを産んだ。
「あのね、もう笑うようになりました!」赤ちゃんのことを伝えてくれた。
「かわいいときだね!一生のうちでいちばんいい時かもね!」
女の子が乗っていたベビーカーに赤ちゃんが乗って、お兄ちゃんを迎えに来ている。
女の子はにこにこ歩いている。
そして今日は私を見つけるなり、走り寄って来た。
私も小走りに寄って行って、大きく手を広げしっかり抱きとめた。
彼女はまだ小さいが、柔らかくて暖かかった。
「にこにこがいい。いつまでもにこにこしていてね!」
こうして今日は少ししんどいからお休みしようか、と思っていたスクールガード。
幼い子から元気を貰った!

「にこにこにこにこ ありtoma1.jpg
がとう」
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/1245-961bc90e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード